Live USBで設定保存できる『KDE neon 20181129』その1…日本語化まで!

このところ「KDE neon」について、デスクトップの映像やシステム要件、そしてインストールなどについてまとめています。

KDE neon User Edition(64-bit):neon-useredition-20181129-0531-amd64.iso について。KDE neon は、QtとKDEソフトウェアの最新パッケージを提供するKDEのプロジェクトです。システム要件…
KDE neon 20181129 のインストールと、日本語入力について、インストールは、最初に言語で、「日本語」の選択をする事と「ユーザー名とパスワード等」を入力するぐらいで、あとは続けるなどをクリックするのみで、日本語入力まで、簡単に完了しました。

今回は、ライブ起動でありながら、インストールや日本語入力などの設定変更を、再起動しても継続して同じ状態で利用できるLive USBの作成と、設定についてまとめています。

各種設定が保存可能な Live USB

このUSBメモリを作成するには、以下の3点がポイントです。

  • USBメモリに書き込むには、UNetbootinを利用
  • 各種設定やアップデートを保持するために、KDE neon 20181129 の場合は、最低容量4GB以上のUSBメモリが必要
  • isoファイルの容量を考慮して、変更や設定を保存出来るスペースを、1.8GB程度に設定(容量4GBのUSBメモリを使用する場合)

具体的なLive USBの作り方は、以下の記事を参照願います(ディスクイメージを選択する方法)。

『UNetbootin』は、約40種類のOSや、そのバージョン等を選んでダウンロード。そのままブート可能なUSBメモリや、USBハードディスクドライブを作成することが可能なフリーソフトです。もちろん、直接isoファイルをダウンロードして、利用することも可能。

Live USBの設定作業

USBメモリへの書き込み終了後、USBメモリをUSBポートに差し込んでから立ち上げますが、現在のパソコンにインストールしてあるOSが立ち上がってしまったら、BIOSなどの設定変更が必要です。

ライブ起動できたら、まずは日本語化の設定を行います。

日本語化とその周辺設定について

日本語化

GIFアニメになっていますから、ざっと流れを見ながら読んでいただくとわかりやすいと思います。

メニューから、「Applications」そして「Settings」と進めて、「System Settings」を開きます。

左のメニューにある「Regional Settings」をクリックし、「Language」を設定します。

右下の「Add languages」ボタンを押して、出てきたウインドウの一番下の方にある「日本語」を選択して「Add」ボタンを押します。

最後に右下の「Apply」ボタンで適応させます。

そのまま、左メニューにある「Formats」に進みます。

表示フォーマット(金額や時刻などの表示形式)

「Formats」の右側の「Region」を「日本-日本語(ja_JP)」に設定変更し、右下の「Apply」ボタンで適応します。

次回ログイン後に変更される云々のアラートの「OK」を押して進めます。

そのまま左メニューの「Date & Time」に進みます。

タイムゾーン

「Date & Time」の右側の「Time Zone」タブを開いて、検索窓に「Tokyo」を入力します(直接探しても良いのですが、多いので見つけにくいと思います)。

出てきた、「Tokyo Asia/Japan」を選択し、右下の「Apply」ボタンで適応します。

ここで、日本語表示にするためと、設定の保存が出来るのかの確認のために、再起動してみましょう。

再起動後

メニューなどの表示を確認して、日本語になっていれば、設定が保存されており、Live USBでありながら、再起動しても設定が保存できているということになります。

日本語入力の設定については、別記事にさせていただきます。

『KDE neon 20181129』Live USB の日本語入力の設定で、fcitx-mozcをターミナルから、コマンドで設定します。入力メソッドの確認と設定の注意点として、ログアウト・ログイン後、Fcitxが起動していない場合、自動起動の設定をします。

まとめ

設定が保存可能な『KDE neon 20181129』の Live USB
  • UNetbootinを利用
  • 最低容量4GB以上のUSBメモリが必要
  • 設定を保存出来るスペースを1.8GB程度に設定
日本語化について

メニュー > Applications > Settings > System Settings 続いて Regional Settings > Language

ここで日本語を設定します。

さらに

左メニューから「Formats」で表示フォーマットの変更と、「Date & Time」で日本時間に設定します。

ここまで終わったら、Live USBが設定を保存できるかの確認のため、再起動させて日本語化がうまく行っているのかを見てみます。