Live USBで無料OS『feren OS』…再起動後も変更・設定を保持!

feren OSは、Linux Mint 18.2 がベースのLinuxディストリビューションです。

今回は、設定保存出来る『feren OS』のLive USB作成から、日本語化や日本語入力についてまとめています。

なお、以前の記事もよろしければ参考にしてください。

feren OSは、英国製のLinuxディストリビューションで、今回取り上げているのは、Linux Mint 18.2 Cinnamon が...

Live USBにて『feren OS』を利用

Linux Mintがベースであれば、Live USBを作成する際に、変更や設定のためのスペースを設定することで、ライブ起動でありながら、各種変更を次回の起動時にも保持することができます。

気になるOSを試したい時などは、いちいちHDDなどへインストールしないでも、ある程度の期間、ライブ起動状態で起動時に設定作業を繰り返すことなく、見極めることが可能です。

『feren OS』のシステム要件

  • メモリ:1〜2GB(4G以上推奨)
  • インストールする場合の空きディスクディスク容量:20GB以上(50GB以上推奨)
  • ディスプレイ解像度:1024×768以上
  • USBポートまたはDVD/CDドライブ
  • インターネットアクセス

ちなみに、今回はLive USBを作成するの4GBのUSBメモリで作業しています。

ダウンロード

公式サイトのダウンロードリンクからSourceForge.netが開かれ、isoファイルをダウンロードできるようになります。

https://ferenos.weebly.com/get-it.html

設定保存できる『feren OS』 Live USBを作る

OSをUSBメモリに書き込むソフトとして、UNetbootinが必要なのと、アップデートや設定を保持するために、多少容量が大きめのUSBメモリが必要です。

isoファイルの大きさと変更や設定を保存できる最低1GB以上の容量があればなんとかなると思いますので、今回は4GBのUSBメモリで対応します(保存スペースは1.5GBに設定しています)。

具体的なLive USBの作り方は、以下の記事を参照願います(ディスクイメージを選択する方法)。

『UNetbootin』は、約40種類のOSや、そのバージョン等を選んでダウンロード。そのままブート可能なUSBメモリや、USBハードディスクドライブを作成することが可能なフリーソフトです。もちろん、直接isoファイルをダウンロードして、利用することも可能。

Live USBの起動後の作業

USBメモリに書き込みが終了したら、USBメモリから立ち上げます。

最初に、アップデートを行うべきですが、容量が4GBしか無いUSBメモリを使って、Live USBにしているのと、OSの現バージョンがリリースされて少し時間がたっているので、先にアップデートして、変更保存スペースを圧迫しないように、今回は最初に日本語化と日本語入力を行いました。

メニューの「System Settings」から「Languages」を開きます。

その後、「install/Remove Languages」をクリックします。

開いた言語リストにおいて、「Japanese」を追加して、ランゲージパックをインストールします。

作業が終わったら、画面のように「Language」と「Region」を「Japanese」にします。

そして、「System locale」の「Apply System-Wide」ボタンで確定します。

さらに、一番上のタブ「入力方法」を開いて、「日本語」の「インストール」をクリックして少し待つと、画面のように「インストール済み」と表示が変わりますので、「入力方法」を「fcitx」に設定し閉じます。

再起動して設定保持と日本語入力の確認

本来は、ログアウト、ログインで済みますが、設定が保持出来ているのかを確認したいので、ここでは再起動してみましょう。

その後、日本語入力できるのか確認を忘れずに行ってください。

ついでに、デスクトップ画面にある時計の表示が文字化けしていますし(直すことは可能です)、デスクトップに時計が不要なので、消してしまいます。

メニューから「Conky…」を探して開きます。

開いたウインドウで「Disable Conky」をクリックして消します。

まとめ

Linux Mint 18.2ベースの『feren OS』について、Live USBの作成。

『feren OS』のシステム要件
  • メモリ:1〜2GB
  • HDD容量:20 GB
  • ディスプレイ解像度:1024×768以上

ダウンロードは、公式サイトから

設定保存できるLive USB
  • UNetbootinが必要
  • 多少大きめのUSBメモリが必要

USBメモリに書き込みが終了したら、USBメモリから立ち上げ、日本語化および、日本語入力設定を行いますが、比較的簡単に出来ます。

その後、再起動して、保持できているかの確認をします。