無料OS『Debian 9.4』Xfceで軽く使う!

Debian Projectによる安定版のDebian 9(stretch)の4番目のアップデート『Debian 9.4』のリリースについて、今回はまとめています。

『Debian 9.4』のデスクトップはこんな雰囲気

CDサイズのインストールメディアを選ぶと、Xfceデスクトップ環境になっています。

もちろん、インストール途中で他のデスクトップ環境も選択することは可能ですが、今回はXfceにてテストしました。

VirtualBoxで、メモリ2GBを割り当ててキャプチャー

最小システム要件

  • CPU:Pentium 4 1GHz
  • メモリ:256MB(推奨1GB)
  • 空きディスク容量:10GB

実際には最小 60MB (amd64) で Debian をインストールできるとしています。

ちなみに、通常のインストールを行う場合の最小値は、少なくとも 178MB の RAM と 780MB のハードディスク領域が必要とのことです。

ダウンロード

https://cdimage.debian.org/debian-cd/current/amd64/iso-cd/

インストールについて

インストールテストは、VirtualBox Ver5.2.8にて、計3回行っています。

USBメモリへの書き込み

今回は、UNetbootinにて作成しています。

元Windows 7 professional(64bit)パソコンで、メニューまでの起動は確認しています。

USBメモリへの書き込み方法は、以下の記事を参考にしてください。

先日もWindowsがサイバー攻撃され、相当数のパソコンが『WannaCry』に感染しました。 その後は落ち着いているようですが、また...

インストール手順

インストールは、パソコンのHDDのOSを入れ替えるパターンです。

※デュアルブートの場合は、途中が異なりますので、ご注意願います。

それぞれの選択項目を記載してありますので、選択したら「続ける」などをクリックしてください。

以下のGIFアニメのナンバーは、下記とリンクしています。

※USBメモリを差し込んで起動しますが、元のOSが立ち上がった場合は、BIOS等の設定が必要です。

  1. 「Graphical Install」を選択
  2. 「Japanese-日本語」を選択
  3. 場所の選択で「日本」を指定
  4. キーボードの選定で「日本語」を選択
  5. ネットワークの設定で直接的にネットワークには関係ないので適当に「debian」に設定
  6. 上記同様なので、ここでは適当に「空」設定
  7. rootのパスワードを設定
  8. ユーザー名を設定
  9. アカウント名を設定
  10. ユーザーのパスワードを設定
    上記5-10については、VirtualBoxのテストのため適当に入れています。
  11. ディスクのパーティショニングは「ガイド-ディスク全体を使う」を選択
  12. パーティショニングするディスクの選択はそのまま
  13. 「すべてのファイルを1つのパーティションに」を選択
  14. 書き込み確認で、問題がなければそのまま
  15. 最終確認、よければ「はい」を選択
  16. ネットワークミラーを使いますか?「はい」を選択
  17. 国は「日本」を選択
  18. そのまま「ftp.jp.debian.org」を選択
  19. HTTPプロキシは、わからなければそのまま
  20. 利用調査「いいえ」を選択
  21. ここでは不要なプリンタサーバをはずす
    必要な方はそのままで結構です。
  22. マスターブートレコードにGRUBブートローダーをインストール「はい」を選択
  23. ブートローダーをインストールするデバイスを選択
  24. インストールメディアを抜いて再起動します。

再起動すれば、日本語入力も可能になっています。

まとめ

安定版Debian 9(stretch)の4番目のアップデート『Debian 9.4』

最小システム要件
  • CPU:Pentium 4 1GHz
  • メモリ:256MB(推奨1GB)
  • 空きディスク容量:10GB
ダウンロード

公式サイトから

インストールについては、他のディストリビューションと比べて、各ステップでの確認作業が多く、通常の倍以上チェックがあります。

基本的にはそのまますすめるだけで良いので、問題はありません。

また、日本語化と日本語入力はインストールで完了します。