BunsenLabs Lithium…64bit&32bit版がある軽量OS!

8月2日に『BunsenLabs Linux Lithium』がリリースされましたので、早速インストールしてみました。

Lithiumは、Debian 10 がベースになっており、軽量で簡単にカスタマイズ可能なOpenboxデスクトップになっています。

用意されたisoファイルも64bitと32bit版がありますので、古いパソコンでも対応可能です。

スポンサーリンク

BunsenLabs Lithium デスクトップ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.1.8)にて起動・メニューなどの操作や日本語入力のパフォーマンス確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

 

BunsenLabs Lithium について

今回は、「lithium-1-amd64.hybrid.iso」64bit版をインストール(VirtualBox)しました。

 

システム要件(公式サイトより)

  • メモリ:1GB以上(推奨2GB以上)
  • 空きディスク容量:20GB推奨

 

ダウンロード

公式サイト

https://www.bunsenlabs.org/

ダウンロードページ

https://www.bunsenlabs.org/installation.html

 

インストールについて

VirtualBoxでインストールした手順の流れをGIFアニメ化しています。

最初のメニューで「Install」を選択して、あとは流れに沿って進めて行けば、簡単にインストールが完了します。

中には、ステップ05「ネットワークの設定>ホスト名入力」やステップ06「ネットワークの設定>ドメイン名入力」など、迷うような部分もあるかもしれませんが、入力画面の説明通りに進めれば良いでしょう。

※ここでのインストールは、パソコン搭載のハードディスクを初期化する方法になりますので、実際に試される方はご注意ください。

 

日本語入力について

コマンドで行うのが簡単ですので、端末を起動させて、以下のコマンドを実行します。

まずはアップデート

$ sudo apt-get update

fcitx mozc をインストール

$ sudo apt-get install fcitx-mozc

インストールの途中で確認がありましたら、「Y」で進めてください。

ログアウト、ログインを行ってから、日本語の入力確認をしてください。

 

まとめ

BunsenLabs Linux Lithium のお試しインストール

  • 64bitと32bit版があります。
  • 「lithium-1-amd64.hybrid.iso」64bit版をインストールしました。
システム要件
  • メモリ:1GB以上(最小)
  • 空きディスク容量:20GB(推奨)
ダウンロード

公式サイトの「Installation」ページより

インストールについて

最初のメニューで「Install」を選択します。

インストールの工程数は多いのですが、画面に説明がありますので、なんとかなると思います。

日本語入力について

コマンドで「Fcitx」をインストールしました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました