Vista

無料OS

無料OS『MX Linux 18.1』…Windows XP 32bitのPCが復活!

古いサポート切れ Windows にインストール!スペック、CPU:Celeron M 360J 1.4GHz/1コア、RAM:256MBに512MB増設(計768MB)、使った感じは、高画質でなければ、Youtubeも映画や音楽が実用レベルで視聴できました。
無料OS

Windows Vistaクラス・32bitのPCで使える『Linux Mint 19』

Windows サポート切れVistaでも使えるLinux Mint 19。システム要件は、メモリ:1GBのRAM、必要な空きディスク容量:15GB、解像度:1024×768以上。システム要件より、若干スペックが落ちるPCに入れても、なんとか使えるレベルでした。
無料OS

サポート切れWindows Vistaパソコンに…『Lubuntu 16.04.5 LTS』なら余裕でインストール!

『Lubuntu 16.04.5 LTS』について、システム要件は、CPU:Pentium 4、メモリ:インストールには384MB以上。概ね10年以内のパソコンに対応。古いWindow XP機でライブ起動確認し、多少の事務作業で普通に使えるレベル。
無料OS

サポート切れWindowsの32bitパソコンで使える無料OSは?

サポート切れWindowsを搭載した古い32bitパソコンでも利用出来る無料OSはどれが良い?Vista(32bit)ならば、スペック的には以下のどれでも利用可能。XPですと搭載メモリによりますが、軽さ重視で「SparkyLinux 4.8」あたり…
無料OS

サポート切れ古いWindows パソコンが蘇る…無料OS『Bodhi Linux 5.0.0 RC2』

Windows サポート切れPCでも使えるBodhi Linux 5.0.0 RC2。システム要件の確認は、安定版「Bodhi Linux 4.5.0」のメモリを参考にしました。推奨要件、CPU:1.0GHz、RAM :512MB、インストーラーはメモリ1GB以上を推奨。
無料OS

Windows VistaのPCでも使える無料OS『Xubuntu 18.04』

Windowsサポート切れPCでも使える…Xubuntu 18.04 LTSなら問題ない。最小システム要件、CPU:PAEサポート、メモリ:512MB。Windows XPにメモリ増設(768MB)したPCで、オフィスソフトもストレス無く起動・入力等が可能。
無料OS

無料OS『Linux Lite 3.8』…Windows VistaクラスのPCでもOK!

Linux Lite 3.8 Finalは、3.xシリーズの最後のバージョンとなります。最小システム要件は、次のとおりで、CPU:700MHz、メモリー:512MB、ハードディスク容量:8GB、画面解像度:1024x768のVGA。
無料OS

無料OS『Freespire 3.0』…512MBメモリでも軽い・動いた!

Freespire 3.0は、64bit対応ですが、軽い無料OS。ソフトは、必要性があると思われるものを選んでプリインストールしており、ツール類はそれなりに揃えています。Freespireは、約10年ぶり?に復活した為、最近の情報はあまりなく、そこがマイナスです。
ちょっとした知識

Windows VistaだけじゃないXPも…両OSで8%以上の利用者!

2017年11月時点において、日本国内で6万台以上のPCで、Windows Vistaを継続利用。これらは、脆弱性が新たに発見されても、通常は修正・更新プログラムは提供されずに大きなリスクを抱えます。2017年11月のOSシェアは、サポートが終了しているVistaとXPの合計が8.64%もあります。
無料OS

無料・軽量『SalentOS 2.0』…VistaクラスのPCが蘇る!

SalentOS 2.0システム要件は、CPU:1GHz(Pentium 4)、メモリ:1GB、HDD容量:10GB。メモリ768MBの元Windows XPパソコンでも普通に稼働、操作できました。USBメモリへの書き込みは、UNetbootinにて、問題なくライブ起動できます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました