Windows VistaのPCでも使える無料OS『Xubuntu 18.04』

最近はPCよりスマホの方が手軽で便利になっているので、普通の家庭において、PCをメインで利用する人も減ってきているのではないでしょうか?

そうなれば、当然新しい高機能なPCを購入するのは、できれば避けたいものです。

しかし、Windowsもサポートが切れるほど古くなれば、PCスペック的に見ても買い替えが必要になってきます。

Windows サポート切れPCでも使える無料OS

Windows Vistaを想定して、対応出来そうな無料OSを考えてみます。

まずは、Vistaのシステム要件の確認から…

Windows Vista の推奨最小要件

  • CPU:800 MHz、32 ビット (x86) のプロセッサ、または 800 MHz、64 ビット (x64) のプロセッサ
  • メモリ:512 MB のシステム メモリ
  • DirectX 9 相当のグラフィック カード
  • 32 MB のグラフィック メモリ

『Xubuntu 18.04 LTS』なら問題ない

Ubuntu コミュニティーから公式に派生したディストリビューションで、Xfceデスクトップ環境の軽いやつです。

最小システム要件

  • CPU:PAEサポート
    概ねこの10年以内のCPUは対応していると思われます。
  • メモリ:512MB(推奨1GB)
  • 空きディスクスペース:7.5GB(推奨20GB)

『Xubuntu 18.04 LTS』メモリ512MBで起動

VirtualBoxでのメニュー操作とオフィスソフトの起動状況、さらに日本語入力についての変換速度などをご覧ください。

VirtualBoxのため実機とは異なりますが、メモリ512MBでの操作の雰囲気は掴んでいただけると思います。

古いPC実機でライブ起動の確認

VirtualBoxとは異なりますので、実際に古いPCで『Xubuntu 18.04 LTS』をライブ起動させてみました。

ライブ起動確認用PCのスペック

  • CPU:Celeron M 360J 1.4GHz/1コア
  • RAM:256MBに512MB増設(計768MB)

オフィスソフトの起動と入力について、試してみました。

テストした実機の方が、少しばかりメモリが多いこともあり、まったくの現役マシンのようです。

もともとWindows XP だったPCにメモリ増設したものですが、VistaプリインストールPCよりもスペックが低いはずですから、Windows VistaレベルのPCならば、ほぼ間違えなく現役のPCレベルになると思います。

『Xubuntu 18.04 LTS』をインストールしたくなったら

以下の記事を参考にしてインストールしてみてください。

Xubuntu 18.04 LTSは、軽量・高速なデスクトップ環境を目指しているUbuntuの公式に派生したディストリビューション。メモリ1GBレベルでの操作感の違いは、軽いLubuntuと比べて、ほぼ同等の感じです。最小システム要件は次のとおり…
『Xubuntu 18.04 LTS』について、インストール用USBメモリの作成は、UNetbootinにて作成し、ライブ起動出来ています。インストールは簡単で、最低限、ユーザー情報やパスワードの設定だけで、あとは「続ける」などをクリックすれば完了します。

現在使っていないPC、もしくはインストールを失敗しても良いと思えるPCだと思いますので、ぜひチャレンジしてみてください。

まとめ

Windows サポート切れPCでも使える無料OS

『Xubuntu 18.04 LTS』なら問題ない

最小システム要件
  • CPU:PAEサポート
  • メモリ:512MB(推奨1GB)
  • 空きディスクスペース:7.5GB(推奨20GB)
古いPC実機でライブ起動の確認

ライブ起動確認用PCのスペック

  • CPU:Celeron M 360J 1.4GHz/1コア
  • RAM:256MBに512MB増設(計768MB)

もともとWindows XP だったPCにメモリ増設したものですが、オフィスソフトもストレス無く起動・入力等が可能でした。

Vistaクラスなら、楽々現役PCへ復帰が可能と思われます。