無料OS『Pinguy OS』…Windows 7からの乗り換えに!

今回は、Ubuntuベースのディストリビューションである「Pinguy OS 18.04 Mini LTS – Final」についてまとめています。

64bitだけの対応になり、デスクトップ環境も微調整されているGNOMEの為、Xfceデスクトップ環境などと比べると、少し重めになっています。

しかしながら、あくまでも当ブログのスタンス(サポート切れOSがインストールしてあるような古いPCでも、サクサク動くようにできる無料OS)からみての話ですので、特別に重いというわけではありません。

メモリ1GB以下で、サクサク動くOSより少し重いということです。

『Pinguy OS』のデスクトップはこんな雰囲気

この映像は、ライブ起動にてメニュー操作などの状況確認を行っています。

通常は、VirtualBoxでインストールして、映像化するのですが、前述のように多少重めのため、メモリ割り当て2GB程度にして、録画の負荷をかけるとカーソル等の動きに大きく遅延が発生して、実際より使いにくい印象があると思いましたので、実機でライブ起動にて映像化しています。

『Pinguy OS』について

普通のユーザーが、簡単に使えるようにすることを目標としているOS。

古いPCにインストールするのは無理でも、今使っているPCにおいて、設定保存できるLive USBで利用するのが良いでしょう。

もちろん、スペック的に対応できるPCならば、インストールするのが悪いわけではありません。

システム要件

公式サイトを探した限り、はっきりとしたシステム要件は、見つけられませんでしたが、以下の記述がありました(英語)。

Pinguy OS 18.04 RC

Pinguy OSは2GBのRAMで動作しますが、うまく動作しません。4GBを推奨します。

また、ベースになっているUbuntuは、以下のとおりです。

Ubuntu 18.04 LTS

CPU:2GHzデュアルコアプロセッサ以上
メモリ:2GBのシステムメモリ

さらに、VirtualBoxでインストールして、メモリ2GBで起動した感じを考慮しました。

そして、前述の映像にあるようにライブ起動させたPCは、フリーメモリ(物理メモリではありません)が2.5GBのPC(CPUは1.9GHzデュアルコアプロセッサ)です。

つまり、これらから考えても、以下のレベルあたりが妥当ではないかと思います。

  • CPU:2GHzデュアルコアプロセッサ以上
  • メモリ:3GB以上(4GB以上を推奨)

ダウンロード

公式サイト
http://www.pinguyos.com/

ダウンロードページ
https://sourceforge.net/projects/pinguy-os/files/Pinguy_OS_18.04_LTS/Mini/

なお、インストールと日本語入力やLive USBの作成については別記事にします。

まとめ

「Pinguy OS 18.04 Mini LTS – Final」について

  • 64bit対応のみ
  • 微調整されているGNOMEデスクトップ環境

使いやすそうなデスクトップのPinguy OSは、普通のユーザーが、簡単に使えるようにすることを目標としているOSです。

システム要件

公式サイトにて、はっきりとしたシステム要件は、見つけられませんでした。

  • Pinguy OS 18.04 RCの「4GB以上を推奨」の記述
  • ベースになっているUbuntu 18.04 LTSのシステム要件
  • VirtualBoxで、メモリ2GBでの起動状況
  • フリーメモリ2.5GBのPCでのライブ起動

これらを考慮しての推定システム要件

  • CPU:2GHzデュアルコアプロセッサ以上
  • メモリ:3GB以上(4GB以上を推奨)
ダウンロード

sourceforge.netより