無料OS『SolydXK 201902』…”X”fceと”K”DE 2つの64bit!

SolydXKは、Xfceデスクトップの「SolydX」と、KDEデスクトップの「SolydK」があり、Debian Stableベースのディストリビューションです。

なお、以前のバージョンについて以下の記事を書いていますので、よろしければ参考にしてください。

SolydXKは、SolydXとSolydKの2つのOSで、Debian Stableに基づいており、SolydXは機能性と軽量化を図ったタイプのOS。VirtualBoxにてテストした結果ですが、メモリの最低要件は1GB程度(solydXの場合)。
SolydXKのXfaceデスクトップ環境である『SolydX』のインストール。USBメモリへの書き込みは、UNetbootinで行い、起動テストについては、元Windows 7 professional(64bit)パソコンで行い、問題なく起動を確認済み。

SolydX 201902のデスクトップはこんな感じ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.0.2)にて「solydx_9_64_201902.iso」ファイルからインストールし、起動・メニューなどの操作確認を行いました。

また、メモリの割当は2GBに設定しています。

SolydK 201902のデスクトップはこんな感じ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.0.2)にて「solydk_9_64_201902.iso」ファイルからインストールし、起動・メニューなどの操作確認を行いました。

また、メモリの割当は2GBに設定しています。

『SolydXK 201902』について

SolydXKは、安全で、安定しており、速く、デスクトップ向けに最適化されているOSとのことです。

また、64bitのみの対応ですが、軽量の Xfce デスクトップの「SolydX」と

様々なカスタマイズができるKDE デスクトップの「Solydk」の構成になっています。

プリインストールアプリは、多すぎず少なすぎずで、基本的に個人が普通に使うようなアプリケーションは入っていると思います(前述のビデオ映像でメニューからわかると思います)。

ダウンロード

公式サイト

https://solydxk.com/

ダウンロードページ

https://solydxk.com/downloads

インストールメディア(USBメモリ)への書き込み

今回は「SolydK 201902」について、UNetbootinにて作成し、問題なくライブ起動出来ています。

USBメモリへの書き込み方法は、以下の記事を参考にしてください。

先日もWindowsがサイバー攻撃され、相当数のパソコンが『WannaCry』に感染しました。 その後は落ち着いているようですが、また...

インストール

インストールについては、以前のバージョンと同じ流れで行なえますので、以下からご覧ください。

SolydXKのXfaceデスクトップ環境である『SolydX』のインストール。USBメモリへの書き込みは、UNetbootinで行い、起動テストについては、元Windows 7 professional(64bit)パソコンで行い、問題なく起動を確認済み。

日本語入力設定

日本語入力については、インストール後に再起動することで、入力可能になっています。

これは、SolydX、SolydK ともにそのようになっています。

まとめ

『SolydXK 201902』のXfceとKDEについて
  • Debian Stableベースで、64bitのみの対応
  • 軽量の Xfce デスクトップの「SolydX」
  • 様々なカスタマイズができるKDE デスクトップの「Solydk」

2つのデスクトップ環境が用意されており、XfceとKDEで「SolydXK」という名称になっています。

ダウンロード

公式サイトのダウンロードページより

インストール用USBメモリへの書き込み

UNetbootinにてライブ起動の確認済み

インストールについて

以前のバージョンと同じ流れで行なえ、インストーラーを起動したら流れに任せて進めれば完了します(ユーザー名などは要入力)。

日本語入力設定について

インストール後に再起動することで、特に設定の必要はありません。

シェアする

フォローする