ネットにあげた画像や動画…クローズでも消える設定でも漏れる!

最近は、YouTubeやInstagram、Twitterなどへ自分の動画や写真をアップしたりと、芸能人みたいな投稿が簡単に出来てしまいます。

自分を売り出したいという方には、良いかもしれませんが、一生のうちの一時の感情、いわゆる思いつきなどで、ネット上にアップして、あとで後悔しなければ良いと思うのですが……

不適切投稿の動画や写真

3月になってやっと落ち着きましたが、2月にはアルバイトの不適切動画が次々ネットに流出(?)して、雇い主の企業が大ダメージを被ってしまいました。

また、現在はとても良い関係のカップルだとしても半年後や1年後にはわかりません。

今現在の熱々投稿が、後にお互いにとっての不適切投稿になってしまうこともあります。

クローズでも消える設定でも流出する!?

クローズアカウントだから、友人や知人しかみないので大丈夫だと思っていませんか?

または、時間や見たら消える設定になっているから安心だと考えていませんか?

しかし、一度画面に表示されるということは、保存する気になれば、なんらかの形で保存できるということになります。

原始的な方法もあれば、テクニカルな方法もいくらでもあります。

なかにはクローズしているシステムや、消える仕組み自体が機能しない状態で、オープンなったり残ったりすることも可能性としては存在します。

もっと単純に考えれば、クローズアカウント仲間内からの故意の流出だってありえます。

動画や画像は削除できない可能性大

世の中は、善人ばかりじゃありません。

他人の不幸は、蜜の味……などと言うように、一度ネットに流れた不適切な動画や写真は、面白がられて事あるごとに表に出てくることがあります。

そして、それは忘れた頃に、出て欲しく無い時にやってきたりします。

それらを消すには、掲載されているサービスへ依頼したり、検索される場合には検索エンジンへの削除依頼が必要です。

しかし、リベンジなんちゃらは別として、削除ポリシーに合致しないと削除されないこともあります。

そもそも、投稿した本人ではない上に、削除する理由や本人の確認など色々と必要になってくることでしょう。

ネットにあげた情報は必ず漏れる

IDやパスワードだけではなく、動画や写真、たとえクローズアカウントでも、消える設定にしていても漏れる時は漏れたり転載されます。

そして、IDやパスワードは変更することが出来ますが、転載された動画や写真は変更したり消すことは簡単にできません。

まして、写し撮られた場合は、誰かもわからない相手に消すように依頼することもできません。

ネット上から売り出すビジネスなどで無い限り、安易に有名になりたいからといって、気軽に自分や家族、仲間や知人の情報(写真や動画)をアップしないほうが良いでしょう。

少なくとも、(同意できる年齢の)相手の同意がなければ、子供と言えどもネットへアップしないほうが良いと思います。

まとめ

ネットにあげた動画や写真
  • 時間で消えるようにしていた
  • クローズなアカウントで仲間だけに公開した

というような対応をしていても一度ネットにあげてしまえば、もうコントロールすることはできないと思ったほうが良いでしょう。

どんな対策を取っても一度画面に表示されるということは、保存する気になれば、なんらかの形で保存できます

そして、面白おかしく利用されたりしますので、忘れさせてもらえない可能性もあります。

ネットやSNSなどの仕組みの理解が足らずに、安易に動画や写真を公開して、問題になりそうなので削除したものの検索エンジンで検索されてどうにもならないということも起こっています。

シェアする

フォローする