ネット関連

ネット関連

フィッシング詐欺・こんな感じで引っかかる…事前に見て予防!

クレジットカード会社や銀行をかたるフィッシング詐欺が増加傾向。被害にあう瞬間をみておくと、同じような状況で気づく可能性が高まりますので、動画などで確認しておきましょう。一度見るだけでも違うでしょう。また、ちょっとした確認テストも用意してあります。
ネット関連

「三井住友カード」を装ったフィッシング…詐欺メールに注意!

三井住友カードをかたるフィッシングメールは、注意してみれば詐欺メールだと気がつくと思います。メールは文章を考える必要がありますので、外国人が作った場合は、おかしな文章になりがちです。メールをきちんと見る習慣を付けておくと良いでしょう。
ネット関連

「SoftBank」を装ったフィッシング…詐欺メールに注意!

このメールは文章がおかしいので、普通によめば詐欺メール?だと気づくと思われます。このレベルで引っかかるのであれば、メールタイトルで焦らされて、内容もよく読まずに脳で勝手に変換して、正しい文章にしてしまう人でしょう。このメールのおかしな点は、次の通りです。
ネット関連

「楽天(カード)」を装ったフィッシング…詐欺メールに注意!

今回のフィッシングメールは比較的低レベルだと思います。フィッシングサイトはコピーして作れますが、メールは文章を考える必要がありますので、外国人が作った場合は、おかしな文章になりがちです。詐欺メールの気になる点:1.メールアドレスに「様」を付けて送っている。
ネット関連

退会をネットから行う時…まるで迷路なダークパターンがある!

ダークパターンが横行している?ユーザーの意図とは反する行動を促すように、意図的に誤解させるようなデザインや仕組みなどをほどこしたWEBやアプリなどの仕掛けがあちこちに受けられます。
ネット関連

「ジャパンネット銀行」を装ったフィッシング…詐欺メールに注意!

メールの件名は、「お客さまの口座間送金管理」。メールの内容としては、”システムのバージョンアップを行ったので、更新してください”というような内容ですが、違うバージョンがあるかもしれません。対応は、メールのリンクからアクセスしないということを徹底しましょう。
ネット関連

ネットには漏れても良い個人情報を…億単位もある情報流出!

ここ1年の億単位の情報流出は、知っているだけでも合計38億超。これらの38億超の情報流出事故や事件の件数は、たったの4件。たとえ大手でも危ないし、逆に大規模流出になります。先日の神奈川件の行政に関する個人情報の流出などは、被害者側では想像もできないものでした。
ネット関連

「Yahoo! JAPAN」を装ったフィッシング…詐欺メールに注意!

「Yahoo! JAPAN」をかたるフィッシングメールの件名は「アカウント情報を更新、確認してください。」とのことです。メールの内容についてはサンプルを見てみると、文章におかしな表現がいつくかありますので、普通の人が読めば変な文章だと気がつくはずです。
ネット関連

「UCカード」を装ったフィッシング…詐欺メールに注意!

「UC カード」をかたるフィッシング。メールの件名は「UC CARD ○○○」で、このようなメール件名全てが対象と思った方がよいでしょう。フィッシング対策協議会にあるメールサンプルでは、アカウントについて「有効期限切れ」や「安全確認」という内容です。
ネット関連

パスワードのリセット要請…ネットバングで定期的に行われ逆に心配!

パスワードの過度なリセット要請はマイナスになる? マイクロソフトもパスワード有効期限ポリシーを削除するとのことです。過度にパスワードの変更を強制すると、予測が可能な文字列で少しだけ変更するとか、他人でも見えるところに書き留めるというような状況になり逆効果。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました