防災・安全一覧

サイバー捜査強化を政府へ提言…容疑者への対応が不安!

善良な一般人ならば、気にすることはないハズ……パソコン遠隔捜査事件では、踏み台にされた複数人を誤認逮捕。ここで容疑者の定義を確認すると「容疑者=被疑者」、法令用語としての被疑者は、逮捕・勾留による身体的拘束を受けているか否かを問わない。

不正ログイン46万件超…ユニクロ・GUオンラインストアへ!

ハッキング被害の概要、リスト型アカウントハッキングによる不正ログイン。被害を受けたストア:ユニクロ、ジーユー公式オンラインストア、不正ログイン・アカウント数(5/13判明分):461,091件、個人情報を閲覧された可能性のあるユーザーへ個別に連絡とのこと。

フィッシング・詐欺メール等に騙されない…単純な安全策!

いつまでたっても減らない詐欺メール。不審に見えないように頭を使ってメールを送ってきますので、つい引っかかってしまいます。ナゼ減らない?ある程度のWEB関連の知識があれば、フィッシング詐欺ページを作って、情報を収集することが比較的簡単にできるため。

警視庁関連アカウント(Twitter)…防犯情報を日々チェック!

東京の方は警視庁関連のアカウントで、地域のタイムリーな防犯情報を!警視庁サイバーセキュリティ対策本部、警視庁犯罪抑止対策本部、警視庁警備部災害対策課、警視庁刑事部『公開捜査』、警視庁広報課などで情報を発信していますので、必要な情報をフォローしては?

海しる(海洋状況表示システム)運用開始…海洋情報を集約!

「海しる」は、海洋各種情報の集約、衛星情報や海上気象の情報なども地図上にレイヤー表示できるWEBサービスで、掲載情報は200項目以上あり、広域性・リアルタイム性の高い情報も充実しています。また、テーマ別マップにより、各種情報マップを簡単表示も可能です。

パスワードをより強固に…その前にやるセキュリティ対策?

中古品(ハードディスク)から出てくる情報は、思ったより多くの情報が抽出されているようです。いくらパスワード強化を謳っても…もしかすると個人の場合は、中古デバイスからの流出が多いのかもしれません。中古デバイスはできるだけ再利用すれば、一石二鳥になります。

WEBサイト(パソコン情報)にアクセスし…初めて驚いた!

知らないうちに詐欺的なアダルトサイトにアクセス?中古ドメインとして売り出したものを購入している可能性。タブクローズボタンでページを消そうとしたら、アラートが外国語で出てクローズボタンを連打したら閉じた。不安なので、そのURLが安全かを調べてみた。

スマホアプリの危険性…子供や高齢者は特に注意!

パソコンを利用したことがなく、スマホから利用した子供や高齢者は、プライバシーやセキュリティまで気が回るか疑問です。Android用のアンチウイルスアプリの3分の2は完全に無駄で、一部はマルウェアに感染させる可能性すらあるとのことです。