Windows操作の自動化フリーソフト『UWSC』…PC初心者でも可!

エクセルのマクロや、フォトショップのアクションなど、それぞれの作業を自動化することが可能です。

しかし、ある程度使い込んでいないと、多少手間がかかったとしても、とりあえず人力で頑張るという方が多いのではないでしょうか?

さらに、アプリケーションを跨いでの作業は、アプリケーションが持っている自動化では、普通に対応できません。

また、そもそも自動化機能のないアプリケーションの方が多いので、色々な作業を行いたい場合は、全体を網羅する自動化ツールが必要です。

『UWSC』なら

実際に操作したマウスやキーボードの動きを記録し、その操作を再現することが可能な自動化ツールで、以下のような作業が可能です。

  • 面倒な繰り返し・単調作業の自動化
  • 自動で行うソフトやPCのデモンストレーション
  • タイマー機能で作業のスケジュール化による自動操作
  • 各種ソフト間を跨いでの自動化
  • PCゲームなどの部分的な自動化

『UWSC』について

操作を記録する方法は2種類。「低レベル記録」と「高レベル記録」があり、高レベルはプログラミングできるスクリプトになっているので、内容を編集して高度な処理を行わせることも可能です。

スクリプトの例:高レベル記録(TEMPフォルダを開いて閉じる操作で作られたスクリプト)

id = GETID(“Program Manager”, “Progman”, -1)

SLEEP(1)

CLKITEM(id, “TEMP”, CLK_LISTVIEW or CLK_RIGHTCLK)

id = GETID(“”, “#32768”, -1)

CLKITEM(id, “開く”, CLK_ACC or CLK_BACK or CLK_MUSMOVE)

id = GETID(“TEMP”, “CabinetWClass”, -1)

主な特徴

  • ツールバー型のインターフェイスで邪魔にならない
  • 自動化したい操作をスクリプトとして保存
  • 簡単にスクリプトを気にせず利用することも可能
  • スクリプトは通常のエディタで編集可能
  • スクリプトには関数や制御構文が利用可能
  • タイマー機能でいくつものスクリプトをスケジュール管理可能

簡単な操作方法

  1. 記録開始ボタンを押して、操作の記録をスタート
  2. 記録した操作を保存
  3. 以前作成している操作の記録ファイル(スクリプト)を読み込む
  4. 再生ボタンを押すと、読み込んであるスクリプトもしくは、直前に行った操作記録を再生
  5. 各種設定画面

一番簡単に操作するには、「1」の記録ボタンを押して操作を記録し、出てきている「STOP」ボタンで記録を停止します。

そして、そのまま「4」の再生ボタンを押せば、いまやった操作を繰り返します。

未保存なので、今後も使うつもりなら「2」のボタンで保存します。

以前作ったスクリプトを利用する場合は、「3」のボタンで選びます。

これなら、PC初心者でも簡単にWindowsの自動操作が可能になります。

操作のスケジュール化について

操作のスケージュール化に興味のある方がいると思いますので、その部分をクローズアップしました。

一番右のボタンから、「設定」画面を開くと、下の方に「スケジューラー」があります。

「スケジュールを設定する」ボタンで、以下の「スケジュール設定」画面になります。

実行予定のスクリプトを選んで、右のタイマーボタン「設定なし」を押して、以下の「タイマー設定」画面を開きます。

ここで、細かなタイマー設定を行うことで、条件が整うと勝手にスクリプトの内容を実行してくれます。

対応OS

Windows 10/8/7

ダウンロード

Vectorから

https://www.vector.co.jp/soft/cmt/winnt/util/se115105.html

まとめ

『UWSC』なら、実際に操作したマウスやキーボードの動きを記録し、その操作を再現することが可能

UWSCの主な特徴
  • 邪魔にならないツールバー型
  • 自動化したい操作を編集可能なスクリプト形式で保存
  • 操作の記録と再生だけでも操作可能
  • タイマー機能でいくつもの操作をスケジュール可能
難しいことは考えずに簡単に操作

記録ボタンを押して操作を記録し「STOP」ボタンで記録を停止し、そのまま再生ボタンを押せば、いまやった操作を繰り返します(もちろん操作の記録を保存することも可能)。

対応OSは、Windows 10/8/7

ダウンロードは、Vectorから