サポート切れ Windows XP(メモリ768MB)へ『Feren OS』をインストール!

予備として用意してあるサポート切れWindowsパソコンに、最近「Linux Mint 19(32bit)」をインストールしたのですが、現在使っているLinuxのパソコンでも「Linux Mint 19(64bit)」で同じOSを入れています。

Windows サポート切れVistaでも使えるLinux Mint 19。システム要件は、メモリ:1GBのRAM、必要な空きディスク容量:15GB、解像度:1024×768以上。システム要件より、若干スペックが落ちるPCに入れても、なんとか使えるレベルでした。

予備なのですから、同じ方が良いと思っていたための対応ですが、予備が必要になるような状況にならないようにバックアップやデータドライブを別にするなど対処していますので、今まで利用するような事態になることもありませんでした。

多分、今後も使うことはほとんど無いだろうと思い、『Feren OS』を入れることにしました。

ちなみに、インストールするパソコンのスペックは、以下のとおりです。

  • CPU:Celeron M 360J 1.4GHz/1コア
  • メモリ:256MBに512MB増設(計768MB)

なぜ『Feren OS』を選んだのか?

実は最初に無謀かなと思いつつも「SparkyLinux 5.5 Multimedia」をインストールしようとしました。

ローリング・リリースモデルであり、VirtualBox上ではありますが、メモリを256MBに割り当てて、メニュー操作や、一部のアプリの起動までを行ってみたら、なんとかなっていたので、これなら行けるかもと思ったからです。

「SparkyLinux 5.5 Multimedia」は、Debianのテスト版 (buster)をベースとしているローリングリリースモデル。32bit版もあり軽量で、各種マルチメディア系のアプリケーションを多量にプリインストールしてあります。

しかし、残念ながらインストールには、1GBのワーキングメモリが必要とのことで、インストール途中で断念しました。

ということで、せめて同じローリング・リリースモデルが良いと思い、今回インストールしたのが、セミローリング・リリースモデルの『Feren OS』です。

『Feren OS』について

Linux Mintがベースの『Feren OS』は、見た目の雰囲気も好みなのですが、なかなか利用するチャンスがありませんでした。

しかし、32bit版があり、メモリも1GBレベル〜、さらに(セミ)ローリング・リリースモデルなので、今回やっと予備のパソコンではありますが、インストールして利用することにしました。

ちなみに、以下の記事もよろしければ、参考にしてください。

Linux Mintベース『feren OS』のLiveUSB。システム要件は、メモリ:1〜2GB、ディスプレイ解像度:1024×768以上で対応可能です。設定保存できるLive USBにするには、UNetbootinで作成し、多少大きめのUSBメモリが必要です。
feren OSは、英国製のLinuxディストリビューションで、今回取り上げているのは、Linux Mint 18.2 Cinnamon が...

システム要件

  • メモリ:1〜2GB(4G以上推奨)
  • インストールする場合の空きディスク容量:20GB以上(50GB以上推奨)
  • ディスプレイ解像度:1024×768以上
  • USBポートまたはDVD/CDドライブ
  • インターネットアクセス

インストールしてみた感想

今回インストールしたパソコンの搭載メモリは、768MBですので、システム要件以下ですが、ベースになっているOSはLinux Mintのため、すでに現在そのパソコンで問題なく起動しており、『Feren OS』もクイックではありませんが、予備として利用出来るレベルです。

細かな設定などはこれからですが、日本語化及び日本語入力も問題ありませんので、取り敢えず予備のレベルなら、利用できるようになりました。

ダウンロード

公式サイト

https://ferenos.weebly.com/

ダウンロードページ

https://ferenos.weebly.com/get-it.html

まとめ

Feren OS』をWindows XP(メモリ768MB)へインストール

32bit版があり、メモリも1GBレベル〜で、さらに(セミ)ローリング・リリースモデル

システム要件
  • メモリ:1〜2GB(4G以上推奨)
  • インストールする場合の空きディスク容量:20GB以上(50GB以上推奨)

今回インストールしたパソコンの搭載メモリは、768MBですので、システム要件以下ですが、日本語化及び日本語入力も出来、稼働も現在特に問題ありません(それなりに遅いです)。

ダウンロード

公式サイトダウンロードページより