Linux Mint 20 “Ulyana” MATE…インストールと日本語入力!

Linux Mint 20 が正式リリースされましたので、MATEデスクトップ環境版をインストールしてみました。

また、MATEデスクトップ環境以外にも「Cinnamon」「Xfce」などが用意されています。

なお、Linux Mint 20は、2025年までの長期サポートリリースになります。

スポンサーリンク

Linux Mint 20 MATE のデスクトップ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.1.8)にて起動・メニューなどの操作や日本語入力のパフォーマンス確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

 

Linux Mint 20 MATE について

今回は、「linuxmint-20-mate-64bit.iso」ファイルからインストールしています。

 

システム要件

  • 1GBのRAM(快適な使用には2GBを推奨)
  • 15GBのディスク容量(20GBを推奨)
  • 1024×768の解像度(画面が収まらない場合、Altキーを押しウィンドウをマウスでドラッグ)

 

新機能について(英語)

https://www.linuxmint.com/rel_ulyana_mate_whatsnew.php

 

既知の問題など(英語)

https://www.linuxmint.com/rel_ulyana_mate.php

 

ダウンロード

公式サイト

https://www.linuxmint.com/

Linux Mint 20 MATE デスクトップ環境版のダウンロード

https://blog.linuxmint.com/?p=3929

ページの下部にダウンロードリンクがあります。

 

インストール

VirtualBoxでインストールした手順の流れをGIFアニメ化しています。

特に難しいこともないので、説明は省かせていただきます。

なお、「ステップ05」のマルチメディア・コーデックについて、ここでは省きました。

※ここでのインストールは、パソコン搭載のハードディスクを初期化する方法になりますので、実際に試される方はご注意ください。

 

日本語入力

インストールが終了し再起動が済んだ段階で、特に何も設定する必要がなく日本語での入力が可能です。

 

まとめ

Linux Mint 20 MATE のインストール

「linuxmint-20-mate-64bit.iso」ファイルからインストール。

最小システム要件
  • 1GBのRAM
  • 15GBのディスク容量
  • 1024×768の解像度
ダウンロード

公式サイトの『Linux Mint 20 “Ulyana” MATE released!』より

インストールと日本語入力

特に難しいところもなく、簡単にインストールが終了すると思います。

また、再起動後には日本語入力も可能になっています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました