無料OS『Ubuntu 18.10』…スタンダードなウブントゥ!

DebianをベースとしたLinuxディストリビューションの1つであり、色々なOSのベースに利用されてもいます。

今回は、バージョン18.10 について、インストールまで、ざっとまとめています。

ちなみに、最新のLTSリリース Ubuntu 18.04 LTSについては、以下の記事を参考にしていただければと思います。

Ubuntu 18.04 LTS のメインアーカイブは、 2023年4月までの5年間、無料のセキュリティとメンテナンスのアップデートを保証する長期サポート版。デフォルトデスクトップ環境は「GNOME」になっています。推奨システム要件は、次のとおり。
Ubuntu 18.04 LTS のインストールと日本語入力について、インストール用USBメモリの作成は、UNetbootinにて作成し、問題なくライブ起動出来ています。また、インストールは簡単で、最低限ユーザー情報の設定以外は「続ける」などをクリックでも完了。

『Ubuntu 18.10』デスクトップはこんな感じ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.5.2.18)にて起動・メニューなどの操作確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

『Ubuntu 18.10』について

このバージョンのサポート期間は、9ヶ月間で2019年7月までになります。

推奨システム要件(Ubuntu 18.04.1 LTSと同じとのこと)

  • CPU:2GHzデュアルコアプロセッサ以上
  • メモリ:2GBのシステムメモリ
  • 25GBのハードディスク空き容量
  • インストーラメディア用のDVDドライブまたはUSBポート
  • インターネットアクセス

ダウンロード

公式サイト

http://www.ubuntu.com/

ダウンロードページ

https://www.ubuntu.com/#download

インストール(VirtualBox:Ver.5.2.18にて)

それぞれの選択項目を記載してありますので、選択したら「続ける」などをクリックしてください。

以下のGIFアニメのナンバーは、下記ステップと同じです。

※実際のインストールでは、USBメモリを差し込んで起動しますが、元のOSが立ち上がった場合は、BIOS等の設定が必要です。

  1. ライブ起動し、インストーラーが起動したところからになります。
    一番下の「日本語」を選択し、「Ubuntuをインストール」をクリックします。
  2. キーボードのレイアウトで、左「日本語」、右は使っているキーボードを選択します(ここではデフォルトの「日本語」)。
  3. アップデートと他のソフトウエアで、
    「通常のインストール」、「Ubuntuのインストール中にアップデートをダウンロードする」が選択されていますので、ここではそのまま続けます。
  4. インストールの種類で「ディスクを削除してUbuntuをインストール」が選択されていますので、よければそのまま進めます。
  5. 書き込み確認が出ますので、よければ進めてください。
  6. タイムゾーンの設定で、「Tokyo」が選択されていると思いますので、よければそのまま進めます。
  7. ユーザー名や、パスワード等を設定してください。
  8. 数十分程度待つと、インストールが終了しますので、「今すぐ再起動する」をクリックし再起動。
  9. インストールメディア(実機の場合はUSBメモリ等)を抜いて、エンターキーを押してください。

再起動後は、日本語入力できるようになっています(ちなみにデフォルトでは「iBus」)。

まとめ

Ubuntu 18.10 について、インストールまで

サポート期限は、2019年7月までになります。

推奨システム要件
  • CPU:2GHzデュアルコアプロセッサ以上
  • メモリ:2GBのシステムメモリ
  • 25GBのハードディスク空き容量
ダウンロード

公式サイトのダウンロードページより

インストールと日本語入力設定

インストーラーが起動し「日本語」を選択、ユーザー名やパスワード入力を行う位で、あとはそのまま「続ける」等を選択すれば、簡単にインストールすることが出来ます。

また、再起動後は、日本語入力できるようになっています(デフォルトでは「iBus」)。