Windows 95は1995.8.24に米国で発売…どんなOSか今試す!

24年前の8月24日にアメリカで、Windows 95が発売されました。

Windows 95は、Windows 3.1の後継のOSであり、コードネームはChicagoです。

とっても懐かしいOSという方と、そもそもその時代に生まれていなかったという方もいるでしょう。

今回は、そんなWindows 95の振り返りと、実際に利用できゲームなども遊べるWindows 95のアプリケーション版についてご紹介します。

Windows 95(アプリ版)のデスクトップをみてみる

まずは、アプリ版ではありますが、Windows 95のデスクトップ映像を見てください。

使ったことのある方は、懐かしいと思っていただけるのではないでしょうか?

多少動きにぎこちないところはありますが、なんとか使えます。

ゲームとかもできますので、興味のある方は試してみてください。

Windows 95について

Windows 3.1を引き継いでおり、最初の Windows 9x系で、95、98、98SE(Second Edition)、Meと続いていきます。

9x系は、家庭向けのOSとしてリリースされ、ゲームや音楽などのマルチメディア系機能が重視されていました。

ここでは、わかりやすくシステム要件について見てみましょう。

Windows 95 最小ハードウェア仕様要求

  • プロセッサー:486SX 以上 32 ビット
    (2.2GHz以上のCPUには対応しない)
  • 物理メモリー:8 MB以上(12 MB以上を推奨)
  • ストレージ:75 MB以上
    (インストールする機能によっては、さらに容量が必要となる場合がある)
  • リムーバブルドライブ:CD-ROMドライブ、FDDドライブのいずれか
  • 画面解像度:640 x 480

Wikipediaより

メモリがなんと8MB……GBじゃなくてMBです。

ちなみに、Windows 10のメモリのシステム要件は、1GB (32 ビット) 、2GB (64 ビット)になります。

32ビットで比較すると「8:1000」というとこで、100倍以上も必要になっているということです。

Windows 95のアプリケーション版について

興味のあるかたは、Windows 95のアプリケーション版を試すことができます。

GitHubで、macOS対応版、Windows対応版、Linux対応版が公開されています。

現在公開されているのは「windows95 v2.1.1」になります。

ダウンロード

無料で利用できますので、以下のGitHubのURLから詳細を確認の上、ダウンロードしてみてください。

https://github.com/felixrieseberg/windows95/releases

まとめ

24年前に米国で発売された Windows 95

Windows 3.1の後継のOSで、コードネームはChicago。

Windows 95について

Windows 9x系OSで、家庭向けのOSとしてリリースされ、ゲームや音楽などのマルチメディア系機能を重視。

Windows 95 最小ハードウェア仕様要求
  • プロセッサー:486SX 以上
  • 物理メモリー:8 MB以上
  • ストレージ:75 MB以上
アプリ版 Windows 95について

GitHubで、macOS対応版、Windows対応版、Linux対応版を公開。

詳細は、リリースページでお願いします。

シェアする

フォローする