円グラフ…エクセル不要、フリーソフトで手書き風も可!

ブログや資料の作成で、ちょっとしたグラフが必要な時、エクセルで作るのが一般的かと思いますが、いかがでしょうか?

しかし、エクセルなどの表計算ソフトを普段から利用していない…または、所有すらしていない方もいることでしょう。

そもそも、ブログ記事などで、ちょっと使いたい時に、エクセルなどの表計算ソフトを立ち上げて、グラフを作るのは面倒な気もします。

円グラフをフリーソフトで簡単作成

実は非常に古いソフトなのですが、便利なので現役として使えています。

「べつやくメソッドクリエーター」で作る簡単円グラフ

フォントや縁線の歪み具合を自由に指定できるので、手書き風の個性的な円グラフを簡単・手軽に作成可能です。

もちろん、エクセルで作ったような綺麗な円グラフも作れますので、まじめな資料などの作成でも問題ありません。

グラフの作成手順

  1. 円グラフのタイトルを指定します(なくても可)
  2. 下手さを「上手い・やや上手・下手・汚い」の4段階から指定します
  3. グラフに表示する項目名と、それぞれの比率を入力します

基本はこの3ステップで、円グラフが作成されます。

その他の設定項目の説明

  • 比率自動配分
    項目が2つの場合は、1つの数値を入れると自動的に残りが入力されます。
    3つ以上の項目があると、数値が勝手に変わっていってしまいますので、逆に使いにくいかと思います。
  • 自動ソート
    円グラフの項目の順番を大きいものから順にソートされますので便利です。
  • 文字はグラフ内
    項目名をグラフ内に表示しますが、チェックを外すと縁上(縁に絡めて)に表示されます。
  • オートプレビュー
    数値を入力したり、変更したら即座に反映させる設定です。
その他
  • 項目ごとに背景色を変えることが可能ですので、ビビットカラーにもパステルカラーでも自由に簡単に変更できます。
  • 画像サイズとグラフサイズは、それぞれ個別に指定可能(最大1,000ドット)ですので、円グラフではなく、楕円グラフにすることもできます。
  • グラフの線幅(縁)を5段階で指定できますので、サラッとした軽い縁から、どぎつい太い縁まで作成可能です。

動作環境(動作OS)

古いソフトですので、Windows XP 対応なのですが、Windows 10 にて動作確認済みです。

また、Linuix でも Wine を介して動作します。

Windows と Linux で動作や表示について、若干の違いがありますので、ご注意ください。

出来上がった円グラフの縁の有無

Windows:仕様のとおり

Linux:残念ながら円グラフの縁が表示されない

また、グラフのタイトルや項目のテキスト入力について、Linux 環境(Peppermint 8)の場合は、アルファベット(半角)は可能でしたが、キーボードから日本語入力ができませんでした(コピーペーストは可能)。

ダウンロード

Vectorから
https://www.vector.co.jp/soft/winnt/net/se426620.html

まとめ

エクセルなどの表計算ソフトは不要、円グラフをフリーソフトで簡単作成

「べつやくメソッドクリエーター」なら手書き風になります。

グラフの作成手順は3ステップ
  1. 円グラフのタイトルを指定します(なくても可)
  2. 手書き風の下手さを4段階から指定します
  3. グラフに表示する項目名とそれぞれの比率を入力します

もちろん、以下の設定も可能です。

  • 項目ごとに背景色を変えることが可能
  • 画像サイズとグラフサイズは、それぞれ個別に指定可能(最大1,000ドット)
  • グラフの線幅(縁)を5段階で指定可能
動作環境(動作OS)

Windows 10 にて動作確認済み

Linuix でも Wine を介して動作可能(一部制約あり)

ダウンロード

Vectorから