無料OS『Linux Lite 4.0』…Windowsユーザーへ!

Linux Liteは、Ubuntuの長期サポート(LTS)リリースがベースで、軽量のXfceデスクトップ環境のLinuxディストリビューションです。

主にWindowsユーザーを対象としていますので、これからWindows以外のOSを試してみたいという方は、候補の一つにしてはいかがでしょうか?

『Linux Lite 4.0』のデスクトップはこんな雰囲気

この映像は、VirtualBoxにインストールされた『Linux Lite 4.0』です。

なお、メモリは、2GBを割り当てています。

『Linux Lite 4.0』の特徴

Linux Liteは、Ubuntu LTSシリーズのリリースに基づいており、最新の18.04 LTSをベースにしています。

また、デスクトップ環境は、XFCE 4.12.3を採用しており、Windowsライクなレイアウトにした無料OSで、Linux初心者でも使いやすいと思います。

また、メモリを少ししか積んでいない古いPCでも高速に動作しますので、ゲームなどで利用したいユーザーにも、対応しやすいOSと思われます。

システム要件

最小システム要件
  • CPU: 1GHzプロセッサ
  • メモリ: 768MB RAM
  • 必要ディスク容量: 8GB
  • 解像度: VGA画面解像度1024×768
  • メディア: ISOイメージ用のDVDドライブまたはUSBポート

以前のLinux Lite 3.8では、CPU:700MHz、メモリ:512MBだったので、Ubuntuの要件が上がったこともあり、少し最小要件が上がってしまったようです。

推奨システム要件
  • CPU: 1.5GHzプロセッサ
  • メモリ: 1024MB RAM
  • 必要ディスク容量: 20GB
  • 解像度: VGA、DVIまたはHDMI画面1366×768
  • メディア: ISOイメージ用のDVDドライブまたはUSBポート

主なアプリケーション

  • ウェブブラウザ – Firefox 60.0.1 Quantum
  • メールクライアント – Thunderbird 52.8.0
  • Officeスイート – LibreOffice 6.0.3.2
  • メディアプレーヤー – VLC 3.0.2
  • イメージエディタ – Gimp 2.10.2
  • ファイルマネージャー – Thunar 1.6.15

ダウンロード

公式サイト

https://www.linuxliteos.com/

ダウンロードページ

https://www.linuxliteos.com/download.php

4.Xシリーズには、32bit版はありませんので、3.Xシリーズをダウンロードしてください。

その他、気になることなど

Ubuntu系ですので、UNetbootinで変更や設定を保存できるLive USBを作成しようとしたのですが、当方の環境下では、うまく起動しませんでした。

そのため、他の書き込みソフトでLive USBを作成し、実機による稼働確認は行っていますが、一定期間(数日から一週間程度)利用することができませんでした。

インストールと日本語化及び日本語入力については別記事にいたします。

まとめ

『Linux Lite 4.0』は、Ubuntu LTSシリーズのリリースに基づいたWindowsライクな無料OSです。

  • 最新のUbuntu 18.04 LTSをベース
  • デスクトップ環境は、XFCE 4.12.3を採用
  • メモリが少ししかないPCでも高速に動作
最小システム要件
  • CPU: 1GHzプロセッサ
  • メモリ: 768MB RAM
  • 必要ディスク容量: 8GB
推奨システム要件
  • CPU: 1.5GHzプロセッサ
  • メモリ: 1024MB RAM
  • 必要ディスク容量: 20GB
ダウンロード

公式サイトのダウンロードページ

なお、4.Xシリーズには、32bit版はありません。