Ufficio Zero Linux 3.0 Tropea stabile…インストールと日本語入力まで!

Ufficio Zero Linux 3.0 Tropea は、Linux Mint 20 をベースにした Mate デスクトップ環境になっています。

今回は、Ufficio Zero Linux 3.0 Tropea stabile をインストールして、日本語入力まで試してみましたが、特に蘊蓄などはありませんのでご了承願います。

スポンサーリンク

Ufficio Zero Linux 3.0 Tropea stabile のデスクトップ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.1.16)にて起動・メニューなどの操作や日本語入力のパフォーマンス確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

 

Ufficio Zero Linux 3.0 Tropea stabile について

2020年8月30日にリリースされた 64bit のPC用になります。

今回は、「UfficioZero_Tropea.iso」ファイルからインストールしています。

なお、インストールに際してパスワードが必要になると思います。

パスワードは「evolution」です。

 

ダウンロード

公式サイト

https://www.ufficiozero.org/

ダウンロードページ

https://www.ufficiozero.org/index.php?alias=download

 

インストール

本来はインストール用のUSBメモリなどを作成し、そこから起動・インストールしますが、ここでは VirtualBox でインストールした手順の流れをGIFアニメ化しています。

流れに沿って進めて行けば、簡単にインストールが完了します。

※ここでのインストールは、パソコン搭載のハードディスクを初期化する方法になりますので、実際に試される方はご注意ください。

 

日本語入力について

インストール後の再起動が終わった段階では、日本語入力が可能になりません。

以下の工程に進む前に下部のタスクバーにある「Update Manager」を起動して、アップデートを完了してから行ったほうが良いでしょう。

1.メニューから「Preferences」→「Input method」を開きます。

2.左側にある「Japanese」を選択し、右側の「Install the language support packages」にある「Install」をクリックします(少し待つと「Install」ボタンが青くなりインストール可能になります)。

※ウインド上部にある「Input method framework」を開くと現時点では「なし」と「XIM」になっています。

3.インストールが始まります。

4.途中で確認があるので、そのまま「Continue」で続けて終了させます。

5.先程のウインド上部にある「Input method framework」を開くと「Fcitx」が入っているので、選択してウインドウ右上の「x」で閉じます。

ログアウト、ログインを行い日本語入力が可能かを確認します。

以上で、日本語の入力もできるようになりました。

 

まとめ

Ufficio Zero Linux 3.0 Tropea stabile のインストール

今回は「UfficioZero_Tropea.iso」をインストールしました。

ダウンロード

公式サイトダウンロードページより

インストール

特に問題なく終了すると思います。

日本語入力

「Input method」から設定が必要になります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました