Linux Mint 20.1 “Ulyssa” MATE…インストールと日本語入力!

Linux Mint 20.1 が正式リリースされましたので、MATEデスクトップ環境版をインストールしてみました。

また、MATEデスクトップ環境以外にも「Cinnamon」「Xfce」などが用意されています。

なお、Linux Mint 20.1は、2025年までの長期サポートリリースになります。

スポンサーリンク

Linux Mint 20.1 MATE のデスクトップ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.1.16)にて起動・メニューなどの操作や日本語入力のパフォーマンス確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

 

Linux Mint 20.1 の新機能について

大きくは以下の2つですが、個人的には良い感じです。

Webアプリ化

任意のWebサイトをデスクトップアプリケーションに変えることができます。

メニューの「ウェブアプリ」を開いて登録していくと、メニューにも自動的にセットされます(ここではインターネットカテゴリに自動セットされています)。

メニューからアプリ登録したサイトを開くと、独自のウィンドウで実行されるため、ブラウザーとは異なり上部のメニューがありませんので、コンパクトに表示できます。

以前「Peppermint OS」で記事にしている「ICE」のようなソフトです。

アプリ化…便利なサイトを!無料OSのPeppermintなら超簡単!
アプリを簡単に作ると言えば非常に聞こえが良いのですが、実際にはWEBサイトやWEBゲームなどのWEBサービスをアプリ化するICEというソフトについての情報です。 このソフトは、PeppermintというLinux OSに入っていますの...
IPTVプレーヤー「Hypnotix」

ライブTVをサポートしていますので、無料で公開されているライブTVチャンネルを提供しています(記事作成時点での公式サイトを参照)。

 

Linux Mint 20.1 MATE について

今回は、「linuxmint-20.1-mate-64bit.iso」ファイルからインストールしています。

 

システム要件

  • メモリ:1GB(快適な使用には2GBを推奨)
  • 必要ディスク容量:15GB(20GBを推奨)
  • 解像度:1024×768(画面が収まらない場合、Altキーを押しウィンドウをマウスでドラッグ)

 

ダウンロード

公式サイト

https://www.linuxmint.com/

Linux Mint 20.1 MATE デスクトップ環境版のダウンロード

https://blog.linuxmint.com/?p=4012

ページの下部にダウンロードリンクがあります。

 

インストール

本来はインストール用のUSBメモリなどを作成し、そこから起動・インストールしますが、ここでは VirtualBox でインストールした手順の流れをGIFアニメ化しています。

流れに沿って進めて行けば、簡単にインストールが完了します。

なお、「ステップ05」のマルチメディア・コーデックについて、ここでは省きました。

※ここでのインストールは、パソコン搭載のハードディスクを初期化する方法になりますので、実際に試される方はご注意ください。

 

日本語入力

インストールが終了し再起動が済んだ段階で、特に何も設定する必要がなく日本語での入力が可能です。

 

まとめ

Linux Mint 20.1 MATE のインストール

「linuxmint-20.1-mate-64bit.iso」ファイルからインストール。

最小システム要件
  • 1GBのRAM
  • 15GBのディスク容量
  • 1024×768の解像度
ダウンロード

公式サイトの『Linux Mint 20.1 “Ulyssa” MATE released!』より

インストールと日本語入力

特に難しいところもなく、簡単にインストールが終了すると思います。

また、再起動後には日本語入力も可能になっています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました