Ubuntu MATE 19.10 Beta…シンプルだけどシャレた雰囲気!

Ubuntu MATEは他の公式フレーバーと同様に、2019年10月17日の安定版正式リリースを予定しています。

今回は、Ubuntu MATE 19.10(Eoan Ermine)のベータ版を試してみました。

記事の内容としては、インストールとデスクトップやメニューなどの映像になります。

なお、実際に試される方は、Beta版ですのでそのつもりでご利用願います。

Ubuntu MATE 19.10 Beta のデスクトップ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.0.12)にて起動・メニューなどの操作確認を行いました。

また、メモリの割当は2GBに設定しています。

Ubuntu MATE 19.10 について

今回は、「ubuntu-mate-19.10-beta-desktop-amd64.iso」ファイルを利用してインストールしています。

システム要件

  • 3GB以上のRAM
  • 64ビット対応IntelおよびAMDプロセッサ
  • UEFI PCがCSMモードで起動している

3GB以上のメモリが必要とありますが、軽めでシンプルなデスクトップ環境になっており、メモリ2GB以上あれば映像やグラフィック以外の通常のオフィスワークにも対応できるのではないかと思われます。

ダウンロード

公式サイト

https://ubuntu-mate.org/

ダウンロードページより

https://ubuntu-mate.org/download/

上記ページで「64-bit」をクリックすると「19.10(Eoan)」のリンクが表示されます。

インストール(VirtualBox)

流れに沿って進めて行けば、簡単にインストールが完了しますので、手順の流れをインストーラー起動後からGIFアニメにしておきます。

※あくまでもBeta版ですので、テスト用に利用できるパソコンや環境でお試しください。

日本語入力

日本語入力については、インストール後の再起動が終われば、入力可能になります。

まとめ

Ubuntu MATE 19.10 (Eoan Ermine) Beta

「ubuntu-mate-19.10-beta-desktop-amd64.iso」のイメージを利用

ダウンロード

公式サイトのダウンロードページより

インストールと日本語入力

流れに沿って進めて行けば、簡単にインストールが完了し、再起動後は日本語入力が可能になります。

※Beta版ですので、テスト用に利用できるパソコンや環境で試してください。