無料OS『Ubuntu Studio』16.04.4…インストールは簡単!

前回は、Ubuntu Studio 16.04.4の特徴についての内容でしたが、今回はインストールについてまとめています。

なお、よろしければ前記事も参考にしていただければと思います。

Ubuntu Studioは、Ubuntuから派生したGNU/Linuxディストリビューションで、マルチメディアに特化したOSであり、最も一般的なフリーマルチメディアアプリケーションがプリインストール。また、実行遅延(レイテンシ)を低減するよう設定。

インストールと起動テストについて

インストールテストは、VirtualBox Ver5.2.8にて、計2回行っています。

ライブ起動テストは、元Windows 7 professional(64bit)パソコンで行いました。

USBメモリへの書き込み

今回は、UNetbootinにて作成しています。

問題なくライブ起動出来ています。

USBメモリへの書き込み方法は、以下の記事を参考にしてください。

先日もWindowsがサイバー攻撃され、相当数のパソコンが『WannaCry』に感染しました。 その後は落ち着いているようですが、また...

Ubuntu Studioのインストールはとっても簡単

インストールは、パソコンのHDDのOSを入れ替えるパターンです。

※デュアルブートの場合は、途中が異なりますので、ご注意願います。

それぞれの選択項目を記載してありますので、選択したら「続ける」などをクリックしてください。

以下のGIFアニメのナンバーは、下記とリンクしています。

※USBメモリを差し込んで起動しますが、元のOSが立ち上がった場合は、BIOS等の設定が必要です。

  1. 起動するとすぐに言語設定画面になりますので「日本語」を選択しエンター
  2. ここで、メニューになるので、今回は「Ubuntu Sutudioをインストール」を選択しエンター
  3. インストーラー画面になるので、「日本語」を選択
  4. アップデートとサードパーティーソフトウエアをインストールにチェックをいれる
    この例では、両方を行う設定にてインストールします。
  5. ソフトウエアの各種パッケージのインストール有無の確認
    この例では、全てにチェックを入れてインストールします。
  6. 現在のディスクを内容を削除して、インストールを選択
    削除したくない場合は、それ以外を選び、別途対応してください。
  7. ディスクの書き込み確認ですので、問題がなければそのまま
  8. タイムゾーンを設定で、すでに東京になっているはず
  9. キーボードレイアウトの設定で、左側のリストから一般的なキーボードスタイルを選び、右側のリストから特定のレイアウトを選びます 。
  10. あなたのユーザー名やパスワードを設定
  11. しばらく待つとインストールが終わるので、「いますすぐ再起動する」をクリック
  12. ここで、インストールメディアを抜く

まずはアップデート

再起動したら、まずは、アップデートを行います。

最後に日本語入力の確認

このOSは、日本語入力を別に設定する必要はありませんので、ただ確認作業を行うだけです。

まとめ

インストールと起動テスト
  • インストールは、VirtualBox Ver5.2.8にて、計2回
  • ライブ起動は、元Windows 7 professional(64bit)PC

上記内容で確認しています。

USBメモリへの書き込み

UNetbootinにて作成し、問題なくライブ起動できます。

Ubuntu Studioのインストール

ほとんどが「続ける」を選択するだけで、インストールが完了します。

インストール準備で、アップデートやサードパーティソフトのインストールを選択することと、ユーザー情報を入力すること以外は、ただ「続ける」等をクリックするだけでした。

また、日本語入力もインストールが終われば、自動的に日本語入力できるようになっています。