無料OS『Ubuntu MATE 18.04 LTS』…カスタマイズ性で選ぶ!

Ubuntu MATE 18.04 LTS は、Ubuntuの公式フレーバーの一つですが、当初はUbuntuのリミックスOSで、15.04から公式に認められています。

『Ubuntu MATE 18.04 LTS』のデスクトップはこんな雰囲気

この映像は、VirtualBox(Ver.5.2.8)にて起動状況の確認を行い動画にしています。

なお、メモリの割当は2GBに設定。

Ubuntu 18.04 LTS と比べて、メニュー操作において、軽いという印象はありますし、LubuntuやXubuntuと比較して、さほど気になるレベルの差はありませんでした。

『Ubuntu MATE 18.04 LTS』について

Ubuntuにしてみようかなと思った時に、Ubuntuには色々なフレーバーがあって、どれを選んで良いのかわからない…という方も多いのではないでしょうか?

Windows 7 以上がインストールしてあるPCで、スペック的には問題がないならば、「Ubuntu MATE」を使ってみてください。

以下の映像のように「MATE Tweak」を使って、簡単にデスクトップの操作性を変えることができます。

ちなにみ、以下が用意されたデスクトップレイアウトです。

  • Familiar:デフォルトであり、検索可能なメニュー付きの上下2パネルのレイアウト
  • Mutiny:Unity 7と同様のグローバルメニューとアプリケーションドック、検索可能ランチャーでUbuntu風
  • Cupertino:検索可能なランチャー、macに似たグローバルメニューを備えたドックとトップパネル
  • Redmond:Windows風のタスクバー、検索可能なメニューパネル
  • Pantheon:トップパネルと検索可能なメニュー付きのドック
  • Contemporary:モダンな上下2パネルで、検索可能なグローバルメニューを装備
  • Netbook:小型スクリーンに最適なコンパクトなトップパネル
  • Traditional:上下2パネルレイアウトで、メニューにアイコン的に「アプリケーション、場所、システム」が含まれる

Ubuntu MATE 公式サイトより

なお、グローバルメニューとは、MutinyとCupertinoのデスクトップレイアウトに装備されており、アプリケーションのメニューとデスクトップのメニューが統合されることで、画面スペースを最大限に活用することができるメニューシステムです。

システム要件(Welcomページより)

最低条件
  • CPU:Pentium M 1.0GHz
  • メモリ:1GB
  • 必要なハードディスク空き容量:9GB
推奨条件
  • CPU:Core 2 Duo 1.6GHz
  • メモリ:2GB
  • 必要なハードディスク空き容量:16GB

ただし、isoファイルのダウンロードページには、以下の記述がありますが、推奨要件と思って良いでしょう。

64bit
  • CPU:64bit対応intel及びAMDプロセッサ
  • メモリ:3GB以上
32bit
  • CPU:intel及びAMDプロセッサ
  • メモリ:2GB未満

なお、VirtualBoxや実機において、64bitでメモリ3GB未満の起動や操作は、特に問題はありませんでした。

ダウンロード

公式サイト

https://ubuntu-mate.org/

ダウンロードページ

https://ubuntu-mate.org/download/

なお、ライブ起動やインストール、日本語入力は別記事にします。

『Ubuntu MATE 18.04 LTS』のインストール用USBメモリは、UNetbootinにて作成し、ライブ起動出来ます。また、インストールは最低限、ユーザー情報やパスワードの入力設定だけで、簡単に進めることも可能の上、日本語入力まで完了します。

まとめ

Ubuntu MATE 18.04 LTS は「MATE Tweak」を使って、簡単にデスクトップの操作性を変更可能なOS
用意されたデスクトップレイアウトは、以下の8つ
  • Familiar
  • Mutiny
  • Cupertino
  • Redmond
  • Pantheon
  • Contemporary
  • Netbook
  • Traditional
最小システム要件
  • CPU:Pentium M 1.0GHz
  • メモリ:1GB
  • 必要なハードディスク空き容量:9GB
ダウンロード

公式ダウンロードページより