Zorin OS 15 Core Beta…【β版】使いやすそう!

「Zorin OS 12」がリリースされてから2年半位になると思いますが、ここにきて「Zorin OS 15 Core」のBeta版がリリースされています。

あくまでもベータ版のため、興味のあるかたはテスト利用しても良い環境で、試してみてください。

デスクトップの雰囲気

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.0.2)にて「Zorin-OS-15-Core-Beta-64-bit.iso」ファイルからインストールし、起動・メニューなどの操作確認を行いました。

また、メモリの割当は2GBに設定しています。

Zorin OS 15 Core Betaの特徴について

  • Gnome Shell 3.30とLinuxカーネル4.18の導入でパフォーマンスの最適化。
  • 新しいデスクトップテーマでルックアンドフィール変更。
  • 明快さと単純さを念頭にインターフェースの視覚的負荷を最小限。
  • Auto Themeで、日没時に自動的にダークモードに切り替え、日の出後にライトモードに戻す。
  • Night Lightで、夜間に画面から放出されるブルーライトの量を減少設定が可能。
  • タッチスクリーン用に調整された新しいデスクトップインターフェイス。
  • Zorin Connect(以下に詳細を記載)を使って、PCとAndroid端末と統合。

ダウンロードについて

Zorin Blog

https://zoringroup.com/blog

ダウンロード

http://zorinos.com/download/15/core/beta

ベータ版のため、予期せぬ問題が発生する場合がありますので、お試しにはご注意ください。

Zorin Connectとは

Zorin Connectは、「Zorin OS 15」とAndroidを統合するための機能があります。

機能について
  • 携帯電話の通知をコンピュータと同期する
  • 携帯電話から写真を閲覧する
  • SMSメッセージに返信する
  • デバイス間でファイルやWebリンクを共有する
  • 電話をコンピュータのリモコンとして使用する

なおアプリは、RSAエンドツーエンド暗号化を使用して、WiFiとローカルネットワークを介してコンピューターとモバイルデバイスをシームレスに接続します。

Google Playより

Zorin Connect のダウンロード

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.zorinos.zorin_connect

インストール

VirtualBox(Ver.6.0.2)にインストールしてみました。

インストールは、ほとんど「次へ」などの対応で、ユーザー名やパスワーとなどの入力位で簡単に設定することができます。

日本語入力について

インストールの完了後に再起動させれば、日本語入力はできます。

まとめ

Zorin OS 15 Core Beta をお試し

特徴
  • Gnome Shell 3.30とLinuxカーネル4.18
  • ルックアンドフィール変更
  • インターフェースの視覚的負荷を最小限
  • Auto Themeでライトとダークモード切り替え
  • Night Lightでブルーライトの量を減少設定
  • タッチスクリーン用に調整されたインターフェイス
  • Zorin ConnectでPCとAndroid端末と統合
ダウンロード

Zorin OS 15 Core Betaのダウンロード

インストールと日本語入力

ユーザー名やパスワーとなどの入力位であり、あとはマウスを何回かクリックする程度でインストールが完了し、再起動させれば日本語入力が可能です。