Feren OS 2019.07…Linux Mintベースで使いやすそう!

Feren OSは、WindowsとmacOSの代替OSを意識しており、インストール後にWelcome画面から見た目をカスタマイズできます。

現時点では、セミローリング・リリースですが、将来的には本格的なローリングにするとしています。

個人的には、Linux Mintベースで本格的なローリング・リリースになれば、是非メインパソコンで利用してみたいと思っています。

Feren OS 2019.07のデスクトップ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.0.8)にて起動・メニューなどの操作確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

低スペックパソコンにインストールしたVirtualBox上で、ゲストOS利用のため少しルーズな動きになってしまっています。

そのため、実機での利用より少し重く見えています。

Feren OS 2019.07 について

今回は、Standard Feren OS 64ビット「Feren OS x64.iso」をインストールしました。

ダウンロード

公式サイト

https://ferenos.weebly.com/

ダウンロードページ

https://ferenos.weebly.com/get-it-x64-classic.html

インストール(VirtualBox)

ここでは、VirtualBoxでインストールした手順を記載しておきます。

以下のGIFアニメのナンバーは下記ステップと同じになり、選択項目を表示していますので、「次へ」などをクリックしてください。

※実機での利用は、isoファイルを書き込んだUSBメモリを差し込んで起動しますが、元のOSが立ち上がった場合は、BIOS等の設定が必要です。

  1. isoファイルを書き込んだUSBメモリやVirtualBoxから立ち上げ、デスクトップにある「install Feren OS」アイコンをクリックしてインストーラーを起動。
  2. インストーラーが起動するので「日本語」を選択。
  3. ロケーション設定で、地図の日本のあたりをクリックし、地域「Asia」、ゾーン「Tokyo」に設定。
  4. キーボード設定で、左側「Japanese」、右側「Default」もしくは現在利用しているキーボードを選択。
  5. パーティションの設定で、ここでは「ディスクを消去」を選択。
    ※実機の場合は、ハードディスクに現在インストールされているOSなどは消去されますので、ご注意ください。
  6. ユーザー情報設定で、名前やパスワード等を設定。
  7. ここまで設定した内容の確認で、よければ「インストール」をクリック。
  8. 最終確認で、問題がなければ「今すぐインストール」をクリック。
  9. 数十分程度待つとインストールが終了し、今すぐ再起動にチエックがあるのを確認の上「実行」をクリック。
  10. 実機へのインストールの場合は、ここでインストールメディアを抜く。

再起動すると、日本語化が完了していますが、日本語入力の設定が必要です。

長くなりますので、日本語入力につきましては、別の記事にさせていただきます。

まとめ

Feren OS 2019.07 のインストールまで
  • Welcome画面から簡単にデスクトップなどをカスタマイズして変更可能
  • 現時点では、セミローリング・リリース、将来的には本格的なローリングへ
  • 今回は、Standard Feren OS 64ビット「Feren OS x64.iso」をインストール
ダウンロード

公式サイトダウンロードページより

インストール

最初の言語設定と、ロケーション設定、ユーザー情報の入力位であとはクリックだけでインストールは完了します。

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    USBにインストールしたいのですが、ドライブ選択が/dev/sdaのみで、/dev/sdbにインストールできません…