Zorin OS 16 Core…インストールと日本語入力まで!

2021年4月に Beta 版が公開され、ここに来て8月17日に Zorin OS 16 がリリースされました。

スポンサーリンク

Zorin OS 16 Core のデスクトップ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.1.26)にて起動・メニューなどの操作と、文字入力のパフォーマンス確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

通常は、プリインストールされた LibreOffice Writer にて、日本語入力のパフォーマンスなどを確認していますが、アプリの立ち上がりが遅く(当方の環境下によるためか?)テストに適していないと思われましたので、テキストエディターにて入力確認を行ないました。

 

Zorin OS 16 Core について

ソフトウェアアップデートとセキュリティパッチで、2025年4月までサポートされます。

今回は、「Zorin-OS-16-Core-64-bit.iso」ファイルからインストールしています。

 

ダウンロードについて

公式サイト

https://zorinos.com/

リリース情報ページ

https://blog.zorin.com/2021/08/17/2021-08-17-zorin-os-16-is-released/

ダウンロードページ

https://zorin.com/os/download/

上記ページの上部には「Zorin OS 16 Pro」のダウンロードボタンがありますので、間違わないように注意してください。

「Zorin OS 16 Pro」の下に「Zorin OS 16 Core」の「Download・free」ボタンがあります。

ちなみに、上記ボタンを押すとメールアドレスの登録を促されます。

 

インストール

本来はインストール用のUSBメモリなどを作成し、そこから起動・インストールしますが、ここでは VirtualBox でインストールした手順の流れをGIFアニメ化しています。

※このインストールは、パソコン搭載のハードディスクを初期化する方法になりますので、実際に試される方はご注意ください。

 

日本語入力について

インストール完了後に再起動させた状態で、日本語は入力できるようになっています。

 

まとめ

Zorin OS 16 Core のインストール

「Zorin-OS-16-Core-64-bit.iso」からインストールしています。

ダウンロード

Zorin OS 16 のダウンロードページ

インストールと日本語入力

インストールは基本的にデフォルトで、問題なく終わると思います。

日本語入力についてもインストール後の再起動が済んだ段階で入力可能でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました