Voyager 11…インストールから日本語入力まで!

2021年8月24日にリリースされた Voyager 11 は、安定版である Debian 11 Bullseye ベースになっており、Gnome 3.38 デスクトップおよび Linux 5.10 LTS カーネルです。

今回は、Voyager 11 のインストールから日本語入力までを確認しています。

特に蘊蓄なとはありませんので、ご了承願います。

スポンサーリンク

Voyager 11 のデスクトップ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.1.26)にて起動・メニューなどの操作と、文字入力のパフォーマンス確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

 

Voyager 11 について

今回は、「Voyager-11-Debian-amd64.iso」ファイルからインストールしています。

 

推奨システム要件(64bit版)

  • CPU:64ビット対応のIntelおよびAMD
  • メモリ:3GB以上
  • CSMモードで起動するUEFI PC

 

ダウンロード

公式サイト

https://voyagerlive.org/

ダウンロードページ

https://voyagerlive.org/voyager-11-debian-bullseye/

 

インストールについて

本来はインストール用のUSBメモリなどを作成し、そこから起動・インストールしますが、ここでは VirtualBox でインストールした手順の流れをGIFアニメ化しています。

流れに沿って進めて行けば、簡単にインストールが完了します。

※このインストールは、パソコン搭載のハードディスクを初期化する方法になりますので、実際に試される方はご注意ください。

 

再起動後

インストールが終了し再起動の処理を行うと、自動的に「初期セットアップ」ウインドウが立ち上がります。

 

日本語入力について

初期セットアップが終わった段階で、日本語入力はできませんでした。

メニューから、「System Tools > 入力メソッド」でインプットメソッド設定画面を開き、設定を変更したりしましたが、当方の環境の問題なのか日本語入力できませんでした。

そこで、コマンドで以下のように「fcitx-mozc」をインストールしました。

一応アップデート

$ sudo apt-get update

fcitx mozc のインストール

$ sudo apt-get install fcitx-mozc

インストールの途中で「Y/n」確認がありましたら、「Y」で進めてください。

その後、以下のようにインプットメソッド設定画面を開き、fcitx に設定しました。

下記画面で、「OK」を選択します。

下記画面で、「Yes」を選択します。

下記画面で、「fcitx」をチェックし「OK」を押します。

下記画面で、「OK」を選択します。

ログアウト・ログインを行ない日本語入力できることを確認できました。

 

まとめ

Voyager 11 のインストール

「Voyager-11-Debian-amd64.iso」ファイルからインストール

推奨システム要件(64bit版)
  • CPU:64ビット対応のIntelおよびAMD
  • メモリ:3GB以上
ダウンロード

公式サイトのリリース情報ページより

インストールと初期セットアップ

流れに沿って進めて行けば、簡単にインストールが完了し、再起動後に初期セットアップ画面が自動的に立ち上がります。

日本語入力

別途、fcitx のインストールと設定などの対応が必要でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました