無料OS『Linux Lite 4.2』…Windows 7以上ならOK!

Linux Liteは、Ubuntuの長期サポート(LTS)リリースがベースのLinuxディストリビューションで、軽量のXfceデスクトップ環境のため、サポート切れ間近のWindowsパソコンでも十分に対応できます。

『Linux Lite 4.2』のデスクトップはこんな雰囲気

以下の映像は、VirtualBox(Ver.5.2.18)にて起動・メニューなどの操作確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

『Linux Lite 4.2』について

バージョン4.Xシリーズに32bit版はありませんので、64bit版のみの対応になっています。

システム要件

最小システム要件
  • CPU: 1GHzプロセッサ
  • メモリ: 768MB
  • 必要ディスク容量: 8GB
  • 解像度: VGA画面解像度1024×768
  • メディア: ISOイメージ用のDVDドライブまたはUSBポート
推奨システム要件
  • CPU: 1.5GHzプロセッサ以上
  • メモリ: 1024MB以上
  • 必要ディスク容量: 20GB以上
  • 解像度: VGA、DVIまたはHDMI画面1366×768以上
  • メディア: ISOイメージ用のDVDドライブまたはUSBポート

ダウンロード

https://www.linuxliteos.com/download.php

インストール用USBメモリの作成

UNetbootinにて作成し、問題なくライブ起動出来ています。

USBメモリへの書き込み方法は、以下の記事を参考にしてください。

先日もWindowsがサイバー攻撃され、相当数のパソコンが『WannaCry』に感染しました。 その後は落ち着いているようですが、また...

インストールの流れ

それぞれの選択項目を記載してありますので、選択したら「続ける」などをクリックしてください。

以下のGIFアニメのナンバーは、下記のステップになります。

※USBメモリを差し込んで起動しますが、元のOSが立ち上がった場合は、BIOS等の設定が必要です。

  1. ライブ起動したところからになりますので、左上のインストーラーアイコンをクリック。
  2. 一番下にある「日本語」を選択。
  3. キーボードレイアウトで、すでに「日本語」が選択済み。
    右側のキーボードの種類が異なっていたら変えてください。
  4. アップデートとダウンロードについて、今回はそのまま。
  5. ここでは「ディスクを削除してLinuxをインストール」を選択。
  6. ディスクの書き込み確認。
  7. ロケーション選択で、よければそのまま。
  8. ユーザー情報やパスワードを設定。
  9. 数十分程度待つとインストールが終了し、「今すぐ再起動する」をクリック。
  10. USBメモリを抜き出し、エンターキーを押す。

日本語入力について

再起動後は、Welcome to Linux Lite ウインドウが自動的に立ち上がってきますので、アップデートと「install Language Support」をクリックして、言語サポートのインストールを続け、完了させてください。

一度「言語サポート」を閉じてから、再度「言語サポート」を開き直してください。

「キーボード入力に使うIMシステム」に「fcitx」が反映されますので、「fcitx」をセットし「言語サポート」閉じます。

その後、ログアウト、ログインを行えば、日本語入力できるようになっています。

まとめ

Linux Lite 4.2

64bit版のみ

最小システム要件
  • CPU: 1GHzプロセッサ
  • メモリ: 768MB
  • 必要ディスク容量: 8GB
  • 解像度: VGA画面解像度1024×768

ダウンロードは公式サイトから

インストール用USBメモリの作成

UNetbootinにて作成し問題なし

インストール

最初に「日本語」を選択したあとは、ユーザー情報位の入力で済みます。

日本語入力

Welcome to Linux Lite ウインドウから、アップデートと「install Language Support」を行い、完了後「fcitx」を設定することができます(デフォルトでiBus)。