Endless OS 3.8.3…インストールから日本語入力まで!

Endless OS は、スマホやタブレットライクなデスクトップ環境になっています。

一度OSを利用できるようにセットしてしまえば、子供や高齢者でも少し練習するだけで、取り敢えず使えるかと思います。

今回は、 Endless OS 3.8.3 のインストールから日本語入力までサラッとまとめました。

スポンサーリンク

Endless OS 3.8.3 のデスクトップ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.1.8)にインストールして、メニューなどの操作と日本語入力のパフォーマンス確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

 

Endless OS 3.8.3 について

今回は、インストールに「eos-eos3.8-amd64-amd64.200609-195252.base.iso」ファイルを利用。

 

インストールについて

VirtualBoxでインストールした手順の流れをGIFアニメ化しています。

特に難しいこともないので、説明は省かせていただきます。

※ここでのインストールは、パソコン搭載のハードディスクを初期化する方法になりますので、実際に試される方はご注意ください。

 

再起動後の初期設定

ここもGIFアニメ化しておきますが、説明は下部にあります。

  1. 言語の設定をします。
  2. キーボード設定をします。
  3. 利用規約について確認します。
  4. オンラインアカウントへの接続ですが、ここはスキップして進めました。
  5. ユーザー情報の入力をします。

 

日本語入力について

再起動後の初期設定で、キーボードレイアウトだけしか行っていませんので、ここで設定します。

1.右下バーの「アカウント」(ここでは「E」)のマークをクリックし、「設定」を選択して開きます。

2.左側の設定リストにある「地域と言語」をクリックし開きます。

3.右側下部の「Keyboard Layouts」において、「日本語」の右下にある「+」マークをクリックします。

4.「Add a Keyboard Layout」のウインドウが開くので「日本語(Anthy)」を選択し右上の「追加」ボタンを押します。

5.もとの設定画面の右側下部にある「Keyboard Layouts」が画面のようになったらウインドウを閉じます。

この段階で日本語入力は可能になっています。

 

まとめ

Endless OS 3.8.3 のインストールと日本語入力

インストールには「eos-eos3.8-amd64-amd64.200609-195252.base.iso」ファイルを利用。

インストールについて

起動させると、すぐに言語の選択画面になりますので、そのままインストールにすすめます。

再起動後の初期設定があり、言語やキーボード設定を行います。

日本語入力について

設定から「地域と言語」を開き入力メソッドをセットします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました