無料OS『KDE neon』…インストールのみで日本語入力まで簡単に完了!

KDE neon はUbuntuベースで、最新のKDE Plasmaデスクトップや、その他のKDEコミュニティソフトウェアを搭載しています。

インストールは簡単で、インストーラーを起動して日本語を選択すれば、あとはインストールが終わって再起動するだけで、もう日本語の入力も難なくできます。

KDE neon のデスクトップはこんな雰囲気

Windows 7 以上が稼働するパソコンで運用する方が良いでしょう。

また、isoファイルも64bitのみです。

このGIFアニメでは、VirtualBoxにメモリを2G割り当てています。

録画で動きが重くなってはいますが、実際にはもう少し軽く動きます。

インストールと起動テストについて

インストールテストは、VirtualBox Ver5.2.2にて、計2回行っています。

ライブ起動テストは、元Windows 7 professional(64bit)パソコンで行いました。

ダウンロード

KDE neon 公式サイト

https://neon.kde.org/download

USBメモリへの書き込み

今回は、UNetbootinにて作成しています。

問題なくライブ起動出来ています。

USBメモリへの書き込み方法は、以下の記事を参考にしてください。

先日もWindowsがサイバー攻撃され、相当数のパソコンが『WannaCry』に感染しました。 その後は落ち着いているようですが、また...

KDE neonのインストールはとっても簡単

インストールは、パソコンのHDDのOSを入れ替えるパターンです。

※デュアルブートの場合は、途中が異なりますので、ご注意願います。

それぞれの選択項目を記載してありますので、選択したら「続ける」などをクリックしてください。

以下のGIFアニメのナンバーは、下記とリンクしています。

※USBメモリを差し込んで起動しますが、元のOSが立ち上がった場合は、BIOS等の設定が必要です。

  1. USBメモリから起動させたところで、左上のインストールアイコンをクリック
  2. 言語「日本語」を選択
  3. インストールの準備で、このインストール例では両方ともチェック
  4. 今回は「ディスク全体を使う」を選択
  5. ディスクの変更を確認
  6. タイムゾーンを「アジア」「日本時間」に設定
  7. キーボートレイアウトでレイアウト「日本語」、変種「日本語」に設定
  8. ユーザー名等を入力
  9. インストール完了で再起動
  10. この段階でインストール用のUSBメモリを抜く

再起動すると、表示はもちろんエディタなどの入力でも、日本語になります。

他の多くのOSですと、ここでまた日本語入力の設定が必要だったりしますが、このKDE neonは必要ありませんでした。

まとめ

”UbuntuのLTSバージョンをベースにしているKDE PlasmaデスクトップOS” というほうがあっているようです。

公式ページのFAQには、以下の記述がありました。

「これは “KDEディストリビューション”ですか? 」との質問に「これはKDEの何百ものプロジェクトの一つです。 」としています。

ダウンロード

KDE neon公式サイト

メモリへの書き込み

UNetbootinにて作成し、問題なくライブ起動できます。

KDE neonのインストール

ほとんどが「続ける」を選択するだけで、インストールが完了します。

インストール準備で、アップデートやサードパーティソフトのインストールを選択することと、ユーザー情報を入力すること以外は、ただ「続ける」等をクリックするだけでした。

しかも、日本語入力設定は、すでに再起動した時点で完了しています。

とにかく、ダウンロードからブータブルUSBメモリの作成、インストール(と日本語入力設定)が簡単な無料OSです。