MX-19 Beta 1…軽くて使いやすく今人気のOSをお試し!

MX Linuxは、Debian安定版がベースになっているXfceデスクトップ環境のLinuxディストリビューションです。

シンプルで安定性があり使いやすいOSで、インストールから日本語入力の設定までは、やり方さえわかっていれば簡単に導入することができます。

MX-19 Beta 1 のデスクトップ

この映像は、VirtualBox(Ver.6.0.10)にて、起動状況の確認を行い動画にしています。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

搭載メモリが5GBしかない低スペックパソコンのVirtualBox上にて、「MX-19 Beta 1」をゲストとしてインストールしたデスクトップ映像を録画していますが、メニュー操作を見る限り動きもそこそこ軽快です。

MX-19 Beta 1 について

MX-19は Debian Buster ベースであり、M-17 M-18の Debian Stretch ベースとは異なります。

今回インストールしたのは「MX-19beta-1_x64.iso」64ビットISOです。

リリース情報

https://mxlinux.org/blog/mx-19-beta-1-available-for-testing/

ダウンロード

公式サイト

https://mxlinux.org/

ダウンロードページ

https://sourceforge.net/projects/mx-linux/files/testing/MX-19/

インストール(VirtualBox)

ここでのインストールは、パソコンのハードディスクドライブのOSを入れ替える方法です。

それぞれの選択項目を記載してありますので、選択したら「Next」などをクリックしてください。

以下のGIFアニメのナンバーは、下記ステップと同じです。

※USBメモリを差し込んで起動しますが、元のOSが立ち上がった場合は、BIOS等の設定が必要です。

  1. isoファイルを書き込んだUSBメモリからライブ起動し、デスクトップにある「Installer」アイコンをクリックします。
    ※ここではVirtualBoxでインストールした状況をまとめています。
  2. インストーラーを起動し、キーボード設定がありますので、確認してください。
  3. インストールするディスクの選択、パーティションのオプションなどの設定ですが、問題がなければそのまま進めます。
  4. 確認が出ますので、よければ「Yes」で進めてください。
  5. bootメソッドの選択ですが、特に問題がなければ、そのまま進めます。
  6. コンピューターの名前やドメイン、ワークグループの設定ですが、ここではテストなので、「SaMBa」だけは、チェックをはずしました。
  7. 地域や時間表示、タイムゾーンの設定ですので、該当するものを選んでください。
  8. あなたのユーザー名やパスワード等を設定してください。
  9. インストールが終わるまで、数十分程度待ちます。
  10. インストールが終了したので、「Finish」で終わります。

日本語入力の設定

メニューの「MX Tools」から「MX Package Installer」を起動します。

パッケージのところを下に見ていくと「言語」があり、そこを開いて「J」のところに日本語フォントやFcitx関連がありますので、チェックを入れインストールボタンを押します(一応ibus以外は、チェックしておきました)。

途中で、「Y/n」の確認がありますので、「Y」ですすめます。

終了したら「Close」して、ログアウト・ログインを行えば、もう日本語入力はできるようになっています。

まとめ

MX-19 Beta 1 は、Debian Buster ベースのOS

M-17、M-18の Debian Stretch ベースとは異なります。

今回インストールしたのは「MX-19beta-1_x64.iso」64ビットISOです。

ダウンロード

ダウンロードページ Sourceforge より

インストールと日本語入力の設定

M-17、M-18などの過去のバーションと比べても殆ど変わりませんので、一度でもインストールしたり日本語入力の設定をした方は簡単にできるでしょう。