無料OS『Ubuntu MATE』…日本語を選んでインストールするだけで日本語入力まで完了!

無料OSには色々と種類がありますが、日本語化から手間のかかるOSや、なんとか日本語化しても、日本語の入力環境を構築するのに、さらに苦労するOSもあります。

ここでは、Windowsしか使ったことが無い方でも、比較的簡単に無料OSの環境を構築できるようなOSを選んでご紹介しています。

今回は『Ubuntu MATE 17.10』、インストールで日本語を選べば、日本語化から日本語の入力環境も一発で完了します。

『Ubuntu MATE 17.10』のデスクトップはこんな感じ

このデスクトップは64bit版です。

上のGIF画像をクリックすると拡大表示できます

最近すごく軽いOSばかりいじっていましたので、少し重い気がしますが、Windows7以降のパソコンでしたら、問題はないでしょう。

『Ubuntu MATE』とは

Ubuntu MATE (ウブントゥ マテ) は、Ubuntuの派生OSで、Ubuntuベースのオペレーティングシステムを採用し、MATEデスクトップ環境を用いており、機能性と安定性を優先しています。

またMATEデスクトップは、直感的に操作が可能なデスクトップ環境であり、WindowsやMac OSを使用したことがあれば、さほど違和感なく操作できるでしょう。

システム要件

最小
  • Pentium M 1.0GHz
  • 1GBのメモリー
  • 9 GBのHDD空き容量
  • 起動可能DVD-ROMドライブ
  • 1024 x 768以上の解像度のビデオアダプタとモニタ
推奨
  • 2コア Duo 1.6GHz
  • 2GBメモリー
  • 16 GBのHDD空き容量
  • ブータブルUSBフラッシュドライブ
  • 3D対応のビデオアダプタと1366 x 768以上の解像度のワイドスクリーンモニタ

ダウンロードは

公式サイト

https://ubuntu-mate.org/download/

あなたのパソコンに合うisoファイルを選んでください。

『Ubuntu MATE 17.10』のインストールと日本語化

インストールに使ったisoファイルは32bit版です。

isoファイルをダウンロードしたら、USBメモリにイメージを焼きましょう。

USBメモリを使う方法は以下の関連記事を確認して下さい。

先日もWindowsがサイバー攻撃され、相当数のパソコンが『WannaCry』に感染しました。 その後は落ち着いているようですが、また...

USBメモリにインストール用のイメージを焼き終わったら、インストールするパソコンにUSBメモリを差し込んで、起動しましょう。(インストールしないでお試しすることもできます)

起動させると、インストール画面になりますので、「日本語」を選択します。

今回は、現在USBメモリを差し込んでいるパソコンに、インストールする例ですが、お試しをしたい場合は、ここで「Ubuntu MATEを試す」をクリックしてください。

それでは、インストールの話を進めますので、「Ubuntu MATEをインストール」をクリックします。(パソコンのHDDをまっさらにして入れ替える方法です)

「Ubuntu MATEのインストール準備」画面ではあとで面倒にならないように、2項目ともチェックをいれておきます。

このあとのステップ「インストールの種類」「ディスク書き込みの確認」「地域設定」「キーボードレイアウト」と続いていきます。

多分これらの流れには、問題ないと思いますが、設定されている内容が、万一違った場合は、変更してください。

あなたの情報入力画面に、必要事項を入力してください。

あとは、続ければインストールを開始して、終了後再起動を促されます。

そして、再起動すれば日本語化はもちろん、日本語の入力環境も完了で、問題無いと思います。

メモ帳などのアプリケーションで試してみましょう。

まとめ

Ubuntu MATE (ウブントゥ マテ) は、Ubuntuの派生OSで、Ubuntuベースのオペレーティングシステムを採用し、MATEデスクトップ環境を用いており、機能性と安定性を優先しています。

最小システム要件
  • Pentium M 1.0GHz
  • 1GBのメモリー
  • 9 GBのHDD空き容量
  • 起動可能DVD-ROMドライブ
  • 1024 x 768以上の解像度のビデオアダプタとモニタ
ダウンロードは

公式サイト https://ubuntu-mate.org/download/

『Ubuntu MATE 17.10』のインストールと日本語化
  1. USBメモリ、もしくはDVDにインストール用のイメージを焼いてください。
  2. 上記のメディアをセットして起動させると、インストール画面になりますので、「日本語」を選択します。(お試しをしたい場合は、ここで「Ubuntu MATEを試す」を選択)
  3. インストールでよければ「Ubuntu MATEをインストール」を選択します。
  4. 「Ubuntu MATEのインストール準備」画面ではあとで面倒にならないように、2項目ともチェックをいれておきます。
  5. このあとのステップは、あなたの情報入力画面までスムーズに進むと思いますが、もし「地域設定」や「キーボードレイアウト」などで問題がありましたら、適時直して下さい。
  6. あとは、インストールを開始して、終了後再起動を促され、再起動します。
  7. 起動すれば、日本語化はもちろん、日本語の入力環境も問題無いでしょう。

それでは、Ubuntu METAをお楽しみください。