サポート切れWindows Vistaパソコンに…『Lubuntu 16.04.5 LTS』なら余裕でインストール!

サポート切れWindows Vistaあたりの32bitパソコンにインストールして、それなりに使えるOSについて最近記事にしています。

それぞれのOSにおいて、最新バージョンから探していましたが、よく考えてみると元になってるOSが、前バージョンだったりすれば、最新という意味合いも少し考えたほうが良いかもしれません。

そんな中、最近マイナーバージョンアップした『Lubuntu 16.04.5 LTS』。Lubuntuの前LTS版であり、最新版よりだいぶ軽量で、個人的に使いやすいOSです。

『Lubuntu 16.04.5 LTS』について

Lubuntuは、LXDEとUbuntuの組み合わせで、L + Ubuntu=Lubuntu(ルブントゥ)です。

LXDE(Lightweight X11 Desktop Environment)は、オープンソースのデスクトップ環境で、処理能力の低いパソコンでも対応できるように設計されています。

ということで、Xubuntuと同じように軽いUbuntuという感じですね。

システム要件

  • CPU:Pentium 4またはPentium MまたはAMD K8
  • メモリ:インストールには384MB以上
    YouTubeなどのサービスでは1GB以上
    LibreOfficeなどのローカルプログラムは512MB以上

概ね10年以内のパソコンに対応

『Lubuntu 16.04.5 LTS』の512MBでの起動確認

Windows Vistaのメモリのシステム要件は512MBなので、VirtualBoxで起動やメニュー操作、LibreOfficeの起動、入力の確認をおこないました。

以下の映像は512MBを割り当てています。

あくまでもVirtualBox上での操作感ですが、メニュー操作においては特に問題は無いようです。

また、プリインストールされたオフィスソフトにAbiWordがあったのですが、何故か起動できませんでしたので、LibreOfficeをインストールして日本語入力の確認をしました。

こちらも、立ち上げ及び入力について、特に問題なく普通に利用可能でした。

古いPC実機でライブ起動の確認

VirtualBoxとは異なりますので、実際に古いPCでライブ起動させてみました。

ライブ起動確認用PCのスペック
  • CPU:Celeron M 360J 1.4GHz/1コア
  • RAM:256MBに512MB増設(計768MB)

実機での操作感は、VirtualBoxと同じで問題なく、元Windows XPのパソコンにメモリを512MB増設はしていますが、多少の事務作業(メール、ワープロ、表計算など)で普通に使えるレベルになっています。

『Lubuntu 16.04.5 LTS』のダウンロード

http://cdimage.ubuntu.com/lubuntu/releases/16.04.5/release/

まとめ

最近マイナーバージョンアップした『Lubuntu 16.04.5 LTS』

システム要件
  • CPU:Pentium 4
  • メモリ:インストールには384MB以上

概ね10年以内のパソコンに対応

VirtualBox上で『Lubuntu 16.04.5 LTS』の512MBでの起動確認
  • 操作感は、メニュー操作において特に問題は無い
  • LibreOfficeは、立ち上げ及び入力について、特に問題は無い
古いPC実機でライブ起動の確認)

元Windows XPのパソコンにメモリを512MB増設(計768MB)

多少の事務作業(メール、ワープロ、表計算など)で普通に使えるレベルになっています。

ダウンロードはこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする