無料OS『deepin 15.9』…意外と軽く使いやすい!

deepinは、カスタムメイドのDeepin Desktop 環境を特徴とするDebianベースのデスクトップディストリビューションです。

以前もバージョン15.7について、まとめていますので、よろしければ参考にしてください。

無料OS『deepin 15.7』…Windowsユーザーをターゲット!?
Deepinは、Debianベースで中国のLinuxディストリビューション。『deepin 15.7』の特徴、主にisoファイルサイズの縮小、ラップトップPCの電力最適化、メモリの最適化など。システム要件(メモリの目安)、最小構成:2GB、標準構成:8GB。
無料OS『deepin 15.7』…インストールと日本語入力!
インストール用メディア(USBメモリ):今回は、UNetbootinにて作成しています。インストール自体は簡単で、インストーラーが起動したら、言語の「日本語」を選択し、ユーザー名やパスワードを設定するぐらいで、流れに沿って通りに進めるだけです。
スポンサーリンク

『deepin 15.9』のデスクトップはこんな雰囲気

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.0.2)にて起動・メニューなどの操作確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

deepin 15.7のメニュー操作映像と見比べてみると、パフォーマンスがあがっているといいますか、操作感が若干クイックで軽くなっている印象です。

ただし、双方の環境の違いは、VirtualBoxのバージョンが異なりますが、インストールしているパソコン自体は同じものです。

 

『deepin 15.9』について(公式サイトによれば)

現在の最新バージョンはdeep 15.9で、これはタッチスクリーンサポートの改善、電力管理の改善、およびデスクトップのパフォーマンスの向上を行っています。

  • タッチスクリーンデバイスでは、クリック、ダブルクリック、コンテキストメニューを呼び出す長押し、上下にスライドするなど、複数のジェスチャがサポートされています。
  • 新機能として、アップデート設定におけるスマートミラースイッチで、最も速いミラーサイトに自動的に接続できダウンロードとインストールをスピードアップします。
  • ラップトップとデスクトップのためのよりユーザーフレンドリーな電源管理。
    電源に接続されていてもいなくても、さまざまな状況でディスプレイとコンピュータの一時停止時間を簡単に変更可能です。
  • デスクトップの機能として、スクリーンセーバーとオンスクリーンキーボードを追加しています。

 

システム要件(インストール要件)

  • CPU:Intel Pentium IV 2GHz以上
  • メモリ:2G以上のRAM、4G以上を推奨
  • ディスク:10 GB以上の空きディスク容量

 

ダウンロード

公式サイト

https://www.deepin.org/en/

ダウンロードページ

https://www.deepin.org/en/download/

SourceForgeからダウンロードしたほうが早いと思います。

 

インストール用USBメモリの作成

今回は、UNetbootinにて作成しており、問題なくインストーラーも起動出来ています。

USBメモリへの書き込み方法は、以下の記事を参考にしてください。

Windows風の無料OS『Zorin』インストール不要でお試し!
散々使い慣れたWindowsから他のOSへは、簡単に移行できないかもしれませんが、フィーリングが似ている無料OSならどうでしょうか? Zorin OSは、操作性や雰囲気がWindows風で、さらにWineが初めから入っていますので、Windowsのアプリケーションソフトを、このOS上で実行することが可能です。

 

インストールと日本語化及び日本語入力については別記事にいたします。

 

まとめ

deepin 15.9 について

deepin 15.7のメニュー操作映像と見比べると、操作感が軽くなっている印象

deepin 15.9 公式サイトによれば
  • タッチスクリーンサポートの改善
  • 電力管理の改善
  • デスクトップのパフォーマンスの向上

が行われているようですので、deepin 15.9 のメニュー操作が軽く感じたのはパフォーマンスの向上が効いていると思います。

インストール要件(と表現しています)
  • CPU:Intel Pentium IV 2GHz以上
  • メモリ:2G以上のRAM、4G以上を推奨
  • ディスク:10 GB以上の空きディスク容量
ダウンロード

公式サイトのダウンロードページより

インストール用USBメモリの書き込みソフト

UNetbootinにて書き込み、インストーラーの起動まで確認

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました