UNetbootin

無料OS

無料OS『Netrunner Core 19.01』…インストールと日本語入力!

『Netrunner Core 19.01』のインストールから日本語入力。インストールメディアの作成は、UNetbootin 書き込み、ライブ起動まで確認しています。インストールは、言語とロケーション設定、ユーザー情報設定ぐらいで、流れで簡単に終了します。
無料OS

無料OS『deepin 15.9』…意外と軽く使いやすい!

deepin 15.9 について、タッチスクリーンサポートの改善、電力管理の改善、デスクトップのパフォーマンスの向上が行われているようです。実際に、deepin 15.9 のメニュー操作がバージョン15.7より軽く感じ、映像を見比べてもクイック感があります。
無料OS

Live USBで設定保存できる『Peppermint 9 Respin』32bit PCで!

『Peppermint 9 Respin』は、64bitと32bitの両方をサポート。今回は元Windows XPパソコンで利用してみます。システム要件(絶対必要最小限の仕様)CPU:Intel x86アーキテクチャに基づくプロセッサ、メモリ:512MB。
無料OS

無料OS『SparkyLinux 5.5』GameOver…インストールは簡単!

SparkyLinux 5.5 GameOverのインストールまで。インストール用USBメモリへの書き込みは、UNetbootinで問題なくライブ起動出来ています。インストールは、設定する項目がUbuntuなど他のOSよりも、少ないのでより簡単です。
無料OS

Live USB『Xubuntu 18.10』…変更や設定も保存できる!

「Xubuntu 18.10」の変更や設定保存できる Live USBを作るには、UNetbootinでUSBメモリへ書き込むのと、最低4GB以上の容量があるUSBメモリを利用し、設定などを保存出来るスペースを、(USBメモリが4GBなら)2GB程度確保します。
無料OS

Live USB『elementary OS 5.0』設定保存可能…予備のOSに!

elementary OS 5.0を設定保存できるLive USBに!USBメモリへの書き込みには、UNetbootinが必要。USBメモリは最低4GBの容量が必要。変更や設定を保存するスペースには2.2GBを割り当て(isoファイルとUSBメモリの容量から)。
無料OS

Live USBで無料OS『OSGeoLive 12.0』…設定・変更を保持できる!

『OSGeoLive 12.0』を、設定保存できるLive USBに!設定保存できるLive USBの作成(書き込み)には、UNetbootinが必要で、容量6GB以上のUSBメモリが必要(isoフィルが4GBクラスなので)です。
無料OS

無料OS『DuZeru 3』…インストールから日本語入力まで!

DuZeru 3のインストールと日本語入力まで。インストールについて、各ステップにおいて、自分で設定していく必要があります(自動的に設定されません)。日本語入力について、自分で設定する必要があり、コマンドで行うのが簡単です。ログアウト、ログインを行えば完了。
無料OS

Live USBで『Peppermint 9』…インストールしたように保存できる!

『Peppermint 9』をLive USBに!システム要件は次のとおり。CPU:Intel x86アーキテクチャに基づくプロセッサ、メモリ:1GB(絶対最小要件:512MB)、CPU:x86_64またはamd64互換プロセッサ、メモリ:2GB
無料OS

Live USBで無料OS『Enso OS 0.3』…設定・変更も保存可能!

Xubuntuベースの『Enso OS 0.3』を設定保存できるLive USBに!USBメモリに書き込むには、UNetbootinで行います。今回は、容量4GBのUSBメモリでおこない、変更・設定をするスペースを1.8GBにしています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました