無料OS『SparkyLinux 5.5』GameOver…インストールは簡単!

前記事では、「SparkyLinux 5.5 GameOver」 の特徴やシステム要件の確認、そしてダンロード先についてまとめていますので、よろしければインストールへ進める前に、以下の記事をご確認の上、インストールされる場合、isoファイルのダウンロードまで行っておいてください。

「SparkyLinux 5.5 GameOver」は、Debianのテスト版 (testing)「buster」をベースとしているローリングリリースモデル。軽量でありながら、各種ゲームを多量にプリインストールしていて、手軽に遊べるOSはになっています。

なお、今回は「SparkyLinux 5.5 GameOver」 のインストール用メディアの作成から、インストールまでになります。

インストールメディア(USBメモリ)への書き込み

今回は、UNetbootinにて作成しています。

問題なくライブ起動出来ています。

USBメモリへの書き込み方法は、以下の記事を参考にしてください。

先日もWindowsがサイバー攻撃され、相当数のパソコンが『WannaCry』に感染しました。 その後は落ち着いているようですが、また...

インストールと起動の確認について

インストールは、VirtualBox(Ver.5.2.18)にて2回行っています。

ライブ起動の確認は、元Windows 7 professional(64bit)パソコンで行い、問題なく起動しています。

インストール用USBメモリからインストール

インストールは、パソコンのHDDのOSを入れ替えます。

各インストールステップにおいて、選択項目をわかるようにしますので、設定したら「次へ」などをクリックして、先へ進めてください。

以下のGIFアニメのナンバーは、下記ステップと同じです。

※USBメモリを差し込んで起動しますが、元のOSが立ち上がった場合は、BIOS等の設定が必要です。

  1. USBメモリからライブ起動し、デスクトップ左上にあるインストーラーからインストール。
  2. 最初は言語選択で、「日本語」を選択。
  3. ロケーション設定で、地図の「日本」のあたりをクリックして、地域「Asia」、ゾーン「Tokyo」に設定。
  4. キーボードのレイアウトで、すでに「Japanese」と、 キーボードの種類で「Default」が選択されていると思いますので、そのまま設定。
  5. ここでは、「ディスクの消去」を選択。
  6. ユーザー名とパスワード等を入力。
  7. 今までの設定内容の確認ですので、内容をチェックして良ければ「インストール」をクリック。
  8. 数十分程度待つと完了しますので、「今すぐ再起動」にチェックをいれて「実行」をクリック。

再起動後

インストールメディアを抜く指示がないと思いますので、そのまま最初のメニューが立ち上がってしまったら、インストールメディアを抜いて立ち上げ直すなどしてください。

再起動すると、最初にアップグレード等の作業になります。

このあとの作業については、ボリュームがありますので別記事にいたします。

「SparkyLinux 5.5 GameOver」インストール終了後の再起動から日本語入力まで。再起動後「Sparky初回起動」ウインドウが開くので、指示に従って、システムアップグレード(推奨)、不足している言語パッケージのインストールを行います。

まとめ

「SparkyLinux 5.5 GameOver」 のインストールまでになります。

インストールメディア用USBメモリへの書き込み

UNetbootinにて、問題なくライブ起動出来ています。

インストール等の確認について
  • VirtualBox(Ver.5.2.18)にて2回インストール
  • ライブ起動の確認は、64bitパソコン(元 Windows 7クラス)
インストールは簡単

設定する項目が、Ubuntuなど他のOSよりも、2項目ぐらい少ないので、より簡単にインストールできます。

しかし、再起動後のアップグレード等の作業は、ひと手間あります。

isoファイルのリリース後、少し時間がたっているので、再起動後に必要な処理が多くなっています。