無料OS『Enso OS 0.3』…簡単インストールと日本語入力まで!

前々回は、『Enso OS 0.3』についてシステム要件の確認と、ダウンロードについてまとめました。

『Enso OS 0.3』は、Xubuntu 18.04 LTSベースのOS。Pantherアプリケーションメニューで、必要と思われる機能を提供し、効率的にPCを利用できる環境。プリインストールアプリは必要なものを少量で、あとは好みを簡単にインストール。

また、前回は、インストール用のUSBメモリについて、Live USBでありながら、再起動後も変更や設定保存できるようなUSBメモリの書き込み方法をまとめています。

Xubuntuベースの『Enso OS 0.3』を設定保存できるLive USBに!USBメモリに書き込むには、UNetbootinで行います。今回は、容量4GBのUSBメモリでおこない、変更・設定をするスペースを1.8GBにしています。

そして、今回はインストールと日本語入力までについての記事になります。

インストールとライブ起動確認

  • インストール確認は、VirtualBox Ver.5.2.12にて行っています。
  • ライブ起動は、元はWindows 7 professional(64bit)PCで確認しています。

インストール用USBメモリの作成

今回は、UNetbootinにて作成しています。

問題なくライブ起動出来ています。

ちなみに、この「Enso OS」はライブ起動でも設定や変更を保持できるUSBメモリを作成することができます。

具体的なLive USBの作り方は、以下の記事を参照願います(ディスクイメージを選択する方法)。

『UNetbootin』は、約40種類のOSや、そのバージョン等を選んでダウンロード。そのままブート可能なUSBメモリや、USBハードディスクドライブを作成することが可能なフリーソフトです。もちろん、直接isoファイルをダウンロードして、利用することも可能。

『Enso OS 0.3』のインストールは簡単

インストールは、パソコンのHDDのOSを入れ替えるパターンです。

※デュアルブートの場合は、途中が異なりますので、ご注意願います。

それぞれの選択項目を記載してありますので、選択したら「続ける」などをクリックしてください。

以下のGIFアニメのナンバーは、下記とリンクしています。

※USBメモリを差し込んで起動しますが、元のOSが立ち上がった場合は、BIOS等の設定が必要です。

  1. ライブ起動した画面で、矢印が指すインストーラーアイコンをクリックして起動します
  2. 「日本語」を選択します
  3. キーボードレイアウトで左側「日本語」、右側「日本語」もしくは該当するキーボードを選択します
  4. 今回は、デフォルト設定のままにすすめますが、好みで取捨選択しても問題ありません
  5. 「ディスクを削除してEnsoをインストール」を選択します
  6. ディスクの書き込み確認ですので、よければそのまま
  7. ロケーション選択で、「Tokyo」を選択します
  8. ユーザー情報やパスワードを設定します
  9. いままでインストール設定した状況に応じて数十分程度待つとインストールが終了、「今すぐ再起動する」をクリックします
  10. インストールメディアを抜く指示なので、USBメモリまたはDVDなどを抜き出します

日本語入力も設定等は不要

インストールが終わって、再起動した段階で、すでに日本語入力はできるようになっています。

念の為、テキストエディターなどで、日本語入力の確認をしてください。

まとめ

『Enso OS 0.3』のインストールと日本語入力

インストールとライブ起動確認
  • インストール確認は、VirtualBox Ver.5.2.12
  • ライブ起動は、Windows 7 professional(64bit)PC
インストール用USBメモリの作成

UNetbootinにて作成し、問題なくライブ起動出来ています。

『Enso OS 0.3』のインストール

最初に日本語を選択すると、自動的に他の項目も合わせてセットされる場合もありますが、今回インストールした時には、そのようになっていなかったので、確認しながら行ってください。

日本語入力は問題ない

特になにもすることもなく、日本語入力ができるようになっていました。

念の為、確認を忘れすに行ってください。