Live USB・インストールメディア作成…『UNetbootin』 はフリー・簡単・便利!

Linux等のOSをインストールするためのUSBメモリを作成できるフリーソフトです。

ちょっとした知識も身につきますので、インストールメディアの作成で困ることが少ないと思います。

OSによっては、相性的にうまく利用できない場合もありますが、非常に使いやすいソフトですので、ご紹介したいと思います。

『UNetbootin』は色々使えて超便利

UNetbootin (Universal Netboot Installer)は、約40種類のOSや、そのバージョン等を選んでダウンロードし、そのままブート可能なUSBメモリや、USBハードディスクドライブを作成することが可能です。

ソフトの起動後、プルダウンメニューからOSを選択すると、ディストリビューションのURLとOSの概要がソフトのウインドウ上に表示されるので、Linux等に詳しくない方でも、どのようなOSを選んだら良いのかの雰囲気はつかみやすくなると思います。

ソフトから直接OS(isoファイル)をダウンロード

Debian、CentOS、Fedora、Linux Mint、そしてUbuntu及びXubuntu、Lubuntu、Kubuntuなどのメジャーどころが利用可能です。

なお、利用できるOSのバージョンは、古いバージョンになりますので、最新のバージョンをインストールしたい場合は、別途直接ダウンロードして、このソフトで利用することが可能です。

また、プルダウンメニューには無いOSでも、直接ダウンロードして、利用することも出来ますが、一部のOSには、相性などもあり、うまく起動しない場合もあります。

このブログでは、なるべくそのようなOSと、USBメモリに書き込めるソフト名を記載するようにしていますので、前もってブログの検索窓からお調べいただければと思います。

クロスプラットフォーム

『UNetbootin』は、クロスプラットフォーム。対応するOSは Windows、Linux、Mac OSなどで利用可能です。

設定や変更を保存できる Live USB の作成

Ubuntu系のみに限られますが、このソフトである設定をしてUSBメモリ等に書き込めば、起動後に何らかの変更や日本語化、日本語入力設定を行っても、そのまま次回起動時に、その変更内容を保持することが可能です。

操作方法

下記の映像をご覧ください。

ここでは、Ubuntu を選択して設定を変更しても保持できる Live USB の作成を行ってみます。

  1. インストールに使うUSBメモリ等を先にUSBポートへ
  2. UNetbootin を起動させます
  3. 「ディストリビューションを選択」します
  4. 「バージョンを選択」します
    もし、最新バージョンなどを直接ダウンロードした場合は、「ディスクイメージ」を選択することで、同じように利用可能です。
  5. スペースを記入します(Ubuntu系以外は0のまま)
    USBメモリの容量にもよりますが、1GB以上が望ましいと思います。
    4GBのメモリなら1.5GBは行けるでしょう(ただしインストールするOSの容量にもよりますので、微妙な場合は要確認)。
  6. インストールするタイプとドライブを指定します
  7. 「OK」ボタンを押して待つだけです

ダウンロード

http://unetbootin.sourceforge.net/

利用する環境にあったリンクからダウンロードしてください。

まとめ

『UNetbootin』は、約40種類のOSや、そのバージョン等を選んでダウンロード

そして、そのままブート可能なUSBメモリや、USBハードディスクドライブを作成することが可能なフリーソフトです。

もちろん、直接ダウンロードして、利用することも出来ます。

対応するOSは Windows、Linux、Mac OSなどで利用可能です。

設定や変更を保存できる Live USB の作成

Ubuntu系のみに限られますが、起動後に何らかの変更や日本語化、日本語入力設定を行っても、その変更内容を保持することが可能です。

操作は簡単

ソフトを起動して、順番に設定していくだけですので、上記の映像を一度見れば問題ありません。

ダウンロードはこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする