無料OS『Enso OS 0.3』…シンプルで使いやすい!

Enso OSは、XubuntuベースのLinuxディストリビューションで、シンプルなPantherアプリケーションメニューによって、わかりやすく、素早くアクセスできるようになっています。

OS自体もシンプルさを念頭に置いて、設計されており、誰にとっても簡単なオペレーティング・システムを目指しています。

今回は、そんな『Enso OS 0.3 “Rabling Rose”』についてまとめています。

『Enso OS 0.3』のデスクトップはこんな雰囲気

以下の映像は、VirtualBoxで、メモリ2GBを割り当ててキャプチャーしています。

『Enso OS 0.3』の特徴

Ubuntuの上にXfceデスクトップ環境を組み込んだ「Xubuntu 18.04 LTS」をベースに構築されています。

特徴としては、Pantherアプリケーションメニューによって、シンプルで必要と思われる機能を提供しつつ、効率的にPCを利用できる環境にしています。

また、プリインストールされているアプリケーションは最小限ではあるものの、少なすぎて使えないということはありません。

必要に応じて、インストール後のWelcom画面などから、簡単にインストールすることが可能です。

システム要件

公式サイトを探したのですが、システム要件という形では、探した限り見つけられませんでした。

そのため、ベースのXubuntu 18.04 のシステム要件を記載しておきます。

最小要件
  • CPU:PAEサポート(概ねこの10年以内のCPUは対応していると思われます)
  • メモリ:512MB(推奨1GB)
  • 必要ディスクスペース:7.5GB(推奨20GB)

最小システム要件レベルをVirtualBoxでテスト

メモリを512MBに設定した場合

以前の「Enso OS 0.2」の時もそうでしたが、起動はするもののメニュー操作や、アプリケーションの立ち上げで、だいぶ遅延を感じます。

メモリを1GBに設定した場合

このレベルでも、「0.2」同様に少しモッサリ感がありますので、テストしたPC環境下では、推奨レベルという感じではなく、最小要件レベルという気がします。

推定したシステム要件

あくまでも、テストしたVirtualBoxでの話になりますが、以下のレベルと思われます。

  • CPU:PAEサポート
  • メモリ:1GB(推奨2GB)
  • 必要ディスクスペース:7.5GB(推奨20GB)

ダウンロード

公式サイトでは、SourceForge.netへ飛ばされ、直接ダウンロードされます。

https://sourceforge.net/projects/enso-os/files/

なお、日本語化やインストール等については別記事にいたします。

まとめ

シンプルで使いやすい『Enso OS 0.3』の特徴

Xubuntu 18.04 LTSベースのOS

Pantherアプリケーションメニューで、必要と思われる機能を提供し、効率的にPCを利用できる環境。

プリインストール・アプリは必要なものを少量

必要に応じて、簡単にインストールすることが可能で、好みのアプリを後でインストールするだけ。

システム要件

探し方が悪いのか、公式サイト上では、見つけられませんでした。

ベースになっているXubuntu 18.04 のシステム要件より、VirtualBoxでテストして確認。

最小要件レベルは以下のとおり

推定したシステム要件
  • CPU:PAEサポート
  • メモリ:1GB(推奨2GB)
  • 必要ディスクスペース:7.5GB(推奨20GB)

見かけの割には少し重たい感じがしますが、発展途上ということで…

ダウンロード

SourceForge.netより