Voyager 22.04 LTS…インストールから日本語入リ力まで!

先日ベータ版を取り上げましたが、今回は正式リリースされた Voyager 22.04 LTS についてインストールから日本語入力までを確認しています。

なお、本日記事作成中に確認しましたら、Voyager 22.04.1 がリリースされているようですので、ご了承願います。

スポンサーリンク

Voyager 22.04 LTS のデスクトップ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.1.32)にて起動・メニューなどの操作と、文字入力のパフォーマンス確認を行いました。

なお、メモリの割当は 2GB に設定しています。

入力切替のアイコンがあると思われる部分に、アイコン表示されていませんが、上記動画でご覧いただけるように日本語は入力可能になっていました。

また、システム要件は 3GB 以上となっているので、上記映像のメモリの割当は 2GB に設定してる関係で非常にスローで引っかかりを感じる動きになっています。そのため日本語入力の確認はワープロソフトではなく、軽いテキストエディタで行ないました。

 

Voyager 22.04 LTS について

Gnome 42 と Xfce 4.16 両方のデスクトップ環境が自動的にインストールされ、立ち上げ時に変更できるようになっています。

今回は、「Voyager-22.04-LTS-amd64.iso」ファイルからインストールしています。

 

システム要件

  • CPU:64 ビット対応の Intel および AMD
  • メモリ:3GB 以上
  • CSM モードで起動する UEFI PC

 

ダウンロード

公式サイト

https://voyagerlive.org/

ダウンロードページ

https://voyagerlive.org/voyager-22-04-lts/

sourceforge.net からダウンロード(バージョンを選べます)

https://sourceforge.net/projects/voyagerlive/files/

 

インストールについて

本来はインストール用の USB メモリなどを作成し、そこから起動・インストールしますが、ここでは VirtualBox でインストールした手順の流れを GIF アニメ化しています。

流れに沿って進めて行けば、簡単にインストールが完了します。

※このインストールは、パソコン搭載のハードディスクを初期化する方法になりますので、実際に試される方はご注意ください。

 

再起動後

インストール後に再起動を促されますので行ないますと、セットアップが開始されますので、流れを GIF アニメ化しています。

ここでは全て何も行わない設定で進めています。

 

日本語入力について

上記の流れを終えて確認しますと、日本語入力はできるようになっていました。

 

まとめ

Voyager 22.04 LTS のインストール

今回は「Voyager-22.04-LTS-amd64.iso」をインストール

ダウンロード

公式サイトのダウンロードページより

インストールと日本語入力

流れに沿って進めて行けば、簡単にインストールが完了します。

再起動後、自動的に立ち上がるセットアップを行ない、終わった段階で確認したら日本語入力は可能になっていました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました