Windowsの古いPC(32bit・512MB)に!…Zorin OS 12.4 Lite

Windowsのサポートが切れたからといって、まだ動くパソコンを処分する気にもなれずに、使い続けている人も一定数いるかと思います。

統計データをみると、サポート期限が切れたOS(XPやVista)も、それなりにあるようです。

でも、少し頑張って自分でOSを入れ替える努力をすることで、最新のOSを無料で、古いサポート切れWindowsの代わりに使えるようになりますが…

OSを入れ替える古いPCをVistaクラスと想定

Windows Vista の推奨最小要件
  • CPUは、800MHz、32ビット(x86)のプロセッサ
  • メモリは、512MB

今手持ちの古いWindowsパソコンがVistaなら上記スペック以上のハズですし、場合によっては、Windows XP搭載でもこれ以上という可能性もあります。

Zorin OS 12.4 Liteのシステム要件

  • CPU:700 MHz シングルコア
  • メモリ:512 MB
  • HDD容量:8 GB
  • ディスプレイ解像度:640 × 480

Zorin OS 12.4 Liteをメモリ512MBで起動

VirtualBoxで、メモリを512MBで起動させてのメニュー操作になります。

さらに、オフィスソフトの起動状況で、日本語入力についての変換速度などをご覧ください。

若干、メニュー操作において、引っかかる(遅れる)感じがありますが、使えないレベルではありません。

オフィスソフトの日本語変換などについては、特に問題が無いようです。

なお、VirtualBoxのため実機とは異なりますので、ご了承ください。

古いPC実機でライブ起動の確認

実際に、古い10年以上前の元Windows XPパソコンで、Zorin OS 12.4 Liteをライブ起動させてみました。

ライブ起動確認用PCのスペック

  • CPU:Celeron M 360J 1.4GHz/1コア
  • RAM:256MBに512MB増設(計768MB)

VirtualBoxと同じように起動と入力の確認

ライブ起動の状況は、OSの立ち上がりが思ったより遅く、数分必要でした。

メニュー操作については、引っかかる感じではなく、スローな雰囲気でモッサリした感じでした。

全体的にVirtualBoxでの起動とあまりかわりませんでした。

実際にVistaレベルなら搭載メモリも確実に512MB以上ですので、もっと機敏に反応すると思います。

また、XPでもメモリ1GB以上積んでいるのもある思います(中古販売XP・PCでは1GB以上が多い)ので、その場合は問題がないと思います。

デスクトップの見た目もWindows風の印象がありますので、乗り換えやすいと思われます。

『Zorin OS 12.4 Lite』をインストールしたくなったら

バージョンが異なりますが、以下の記事を参考にしてみてください。

先日もWindowsがサイバー攻撃され、相当数のパソコンが『WannaCry』に感染しました。 その後は落ち着いているようですが、また...
Zorin OSの公式サイトを見ると、「WindowsとMacOSの代わりに、コンピュータをより速く、より強力で安全にするために設計されてい...
Live USBにて『Zorin 12.3 Lite』を利用します。無料で使えるOS『Zorin OS 12.3 Lite』のシステム要件は、CPU:700 MHz シングルコア、メモリ:512 MB、HDD容量:8 GB、ディスプレイ解像度:640 × 480。

まとめ

古いPC(32bit・512MB)にZorin OS 12.4 Liteをインストール!

Zorin OS 12.4 Liteのシステム要件
  • CPU:700 MHz シングルコア
  • メモリ:512 MB
  • HDD容量:8 GB
VirtualBoxでメモリ512MBで起動の確認

メニュー操作において、引っかかる感じがありますが、使えないレベルではありません。

古いPC実機でライブ起動の確認

スローな雰囲気でモッサリした感じですが、全体的にVirtualBoxでの起動とあまりかわりませんでした。

実際にインストールする場合は、Vistaレベルのパソコンならば、メモリの心配もないでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする