サポート切れ古いWindows パソコンが蘇る…無料OS『Bodhi Linux 5.0.0 RC2』

最近、古いサポート切れWindowsでも使える32bit対応の無料OSを取り上げていますが、今回の『Bodhi Linux 5.0.0 RC2』32bit対応版は、メモリ搭載が256MB(ライブ起動)でも使えそうです。

32bit・256MBのCPUとメモリならば、対象となる古いパソコンが相当あると思います。

サポート切れWindows PCで使える

Windows Vista の推奨最小要件
  • CPU:800 MHz、32 ビット (x86)
  • メモリ:512 MB
Windows XP の推奨最小要件
  • CPU:300 MHz
  • メモリ:128 MB

Windows XPの場合は、推奨最小要件が128MBならば、通常は最低でも256MBのメモリはPCに搭載されていると思われます。

Bodhi Linux 5.0.0 RC2のシステム要件の確認

公式サイトでみつけられなかったので、現在の安定版「Bodhi Linux 4.5.0」のメモリを参考にしたいと思います。

最小要件
  • CPU:500MHz
  • メモリ:256MB
推奨要件
  • CPU:1.0GHz
  • メモリ:512MB

なお、インストーラーはメモリ1GB以上を推奨しています。

Bodhi Linux 5.0.0 RC2をメモリ256MBで起動

VirtualBoxで、メモリを256MBで起動させてのメニュー操作になります(Bodhi Linux 5.0.0 RC2は32bit版)。

さらに、オフィスソフトの起動状況で、日本語入力についての変換速度などをご覧ください。

メニュー操作は、少し引っかかる感じがあり、ちょっと厳しいかもしれません。

ただし、オフィスソフトでの文章の入力は、特に問題が無いようです。

ちなみに、インストーラーはメモリ256MBでもなんとか起動して、進めていけましたが、あまりにスローで、途中でやめてしまいました。

VirtualBox上ですが、メモリ512MBを割り当てた場合は、インストール終了まで問題は感じませんでした。

なお、VirtualBoxのため実機とは異なります。

また、オフィス系のアプリケーションはプリインストールされていませんので、比較のために別途インストールしています。

古いPC実機でライブ起動の確認

実際に古い10年以上前の元Windows XPパソコンで、Bodhi Linux 5.0.0 RC2をライブ起動させてみました。

ライブ起動確認用PCのスペック
  • CPU:Celeron M 360J 1.4GHz/1コア
  • RAM:256MBに512MB増設(計768MB)

今回はLive USBの作成で少し問題がありました。

いつもはUNetbootinを利用しているのですが、うまく起動できませんでしたので、Etcherで作成し起動させました

起動からメニュー操作やアプリ類の起動のみ行いましたが、搭載メモリもVirtualBox上よりは多いので、特に問題はありませんでした。

Bodhi Linux 5.0.0 RC2をインストールしたくなったら

以下の関連記事を参考にしてみてください。

Bodhi Linux 5.0.0のプレリリース版のシステム要件は、VirtualBoxでのテストで、メモリ256MB:メニューすら表示できません。メモリ512MB:普通に使える印象。つまり、CPU:64bit(の場合)、メモリ:512MB以上。
『Bodhi Linux 5.0.0 RC2』のインストールは、日本語を選択したあとは、ユーザーネームなどの設定以外、ほとんどそのまま進めるだけで済みました。しかし、日本語化は他の一般的なUbuntuベースのOSとは異なり、言語設定を表示させるための設定が必要。

ライブ起動ならば、Windows XPがインストールしてある古いPC(CPU:32bit、メモリ256MB)でも使えるかもしれません。

Vistaならインストールして問題なく利用できると思いますので、ぜひお試しください。

まとめ

Windows サポート切れPCでも使えるBodhi Linux 5.0.0 RC2

Bodhi Linux 5.0.0 RC2のシステム要件の確認

安定版「Bodhi Linux 4.5.0」のメモリを参考

推奨要件

  • CPU:1.0GHz
  • メモリ:512MB
  • インストーラーはメモリ1GB以上を推奨

VirtualBox上ですが、メモリ512MBを割り当てた場合は、インストール終了まで問題ないのですが、メモリ256MBではインストーラーの動きが遅すぎて、実用的ではありません。

ライブ起動ならば、Windows XPレベル(CPU:32bit、メモリ256MB)でも可能

Vistaならメモリは512MB以上は確実なので、インストールしても問題なく利用可能

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする