シンプルな『elementary OS 5.0』…アプリも最小限!

Ubuntuベースのデスクトップディストリビューションで、Pantheonデスクトップ環境のすっきりしたOSです。

2018年の夏に5.0のBeta版がリリースされ、ここに来てやっと安定版がリリースされました。

また、バージョンが0.4.1から、いきなり5.0になっています。

「elementary OS」は、安定して運用中のOSであり、5回目のメジャーリリースなので、1.0ではなく、5.0が理にかなっていると判断したようです。

なお、パット見は、Mac OSのようなデスクトップになっており、シンプルでおしゃれな感じがします。

『elementary OS 5.0』のデスクトップはこんな雰囲気

以下の映像は、VirtualBox(Ver.5.2.18)にて起動・メニューなどの操作確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

『elementary OS 5.0』の特徴

Windowsでも、Linuxでも、プリインストールアプリは、比較的多く入っています。

インストール後、スグに色々な作業で使えるようにとの配慮や、お得感があるような気がするかもしれません。

しかし、プリインストールアプリの多くは、使わないまま放置されているという人も、相当数いるのではないでしょうか?

今回の「elementary OS」は、必要最小限のアプリのみで、あとは好みのものを自分でインストールしていけます。

もちろん、アプリストアから簡単にインストール可能ですが、有料もあるので、よく見てからインストールしましょう。

システム要件

今回のバージョンになって、推奨するメモリが4GB(前バージョン0.4.1では1GB)になっています。

推奨システム要件
  • CPU:最近の Intel Core i3 またはそれと同等のデュアルコア 64bit プロセッサー
  • メモリ:4GB のシステムメモリー
  • 15GB のディスクスペースのある SSD
  • インターネット接続も必要
  • ディスプレイ解像度:1024×768

なお、厳密な最小システム要件は設定していないとのことですが、前バージョンにおきまして少し調べていますので、その時の情報を記載しておきます。

前バージョン(0.4.1)の推奨システム要件
  • CPU:Intel Core i3 またはそれと同等のデュアルコア 64bit プロセッサー
  • メモリ:1GB
  • 空きディスクスペース:15GB
  • インターネット接続も必要

メモリーを768MBにして、VirtualBoxにて起動させてみました。

なんとか我慢できるレベルでOSが起動し、アプリもとりあえず使えるようでした。

ダウンロード

公式サイト

https://elementary.io/

最近多いと思いますが、「価格はあなた次第」となっており、OS自体を購入してもらう形を取っています。

しかし、価格は自分で決めることも可能なので、カスタムに「0」と金額を指定して、ダウンロードさせてもらえば、無料OSとして利用できます。

尚、インストールや日本語入力の設定については、別記事にさせてもらいます。

まとめ

「elementary OS」は、5回目のメジャーリリースなので、0.4.1から1.0ではなく、5.0へ

『elementary OS 5.0』の特徴

必要最小限のアプリのみで、あとは好みのものを、アプリストアから簡単にインストール可能です。

推奨システム要件
  • CPU:最近の Intel Core i3 またはそれと同等のデュアルコア 64bit プロセッサー
  • メモリ:4GB のシステムメモリー
  • 15GB のディスクスペースのある SSD
ダウンロード

公式サイトより

「0」と金額を指定して、無料でダウンロードすることもできます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする