Ubuntu Studio 21.04…インストールから日本語入力まで!

2021年4月22日にリリースされた Ubuntu Studio 21.04(Hirsute Hippo)は、 Ubuntu の公式フレーバーで、あらゆるタイプのメディアコンテンツの作成に必要なツールの提供を目的としたマルチメディア指向のOSです。

また、Ubuntu Studio は、現在 KDE Plasma デスクトップ環境へ(20.10 から)移行しています。

今回は、Ubuntu Studio 21.04 のインストールから日本語入力までを確認してみました。

特に蘊蓄などはありませんので、ご了承願います。

スポンサーリンク

Ubuntu Studio 21.04 のデスクトップ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.1.16)にて起動・メニューなどの操作と、文字入力のパフォーマンス確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

 

20.10 の時は、メモリの割当は2.5GBに設定して録画しました。

通常メモリの割当は、2GBに統一していますが、Xfce から KDE Plasma へ採用しているデスクトップ環境を変えたことによるためなのか、メモリが多く必要になっていおり、当方のインストール環境におきましては、録画できるレベルでは無かったためです。

低スペックパソコン(CPU:1.7GH 2コア、メモリ:5GB)にて、VirtualBox のゲストOSとしているので、20.10 では録画による負荷でさらに遅くなっている感じがしていました。

ちなみに、20.10のデスクトップ操作映像は以下でご覧になれます。

Ubuntu Studio 20.10…インストールから日本語入力!
このリリースでは、Plasmaデスクトップ環境が採用になっています。また、サポート期間は、2021年7月までの9ヶ月間です。今回は、「ubuntustudio-20.10-dvd-amd64.iso」ファイルからインストールしました。

 

Ubuntu Studio 21.04 について

  • Ubuntu Studio 21.04 は、2022年1月までの9か月間サポートされます。
  • このリリースでは、デスクトップ環境が Plasma 5.21.4 となっています。
  • 今回は、「ubuntustudio-21.04-dvd-amd64.iso」ファイルからインストールしています。

 

システム要件

最小要件

  • CPU:Intel Core 2 Duoと同等
  • メモリ:2GB
  • 空きディスク容量:16GB

推奨要件

  • CPU:Intel Core i5と同等以上
  • メモリ:8GB
  • 空きディスク容量:64GB(オーディオ/ビデオ作業を行う場合さらに必要)

 

ダウンロード

公式サイト

https://ubuntustudio.org/

ダウンロードページ

https://ubuntustudio.org/download

 

インストール

本来はインストール用のUSBメモリなどを作成し、そこから起動・インストールしますが、ここでは VirtualBox でインストールした手順の流れをGIFアニメ化しています。

流れに沿って進めて行けば、簡単にインストールが完了します。

※ここでのインストールは、パソコン搭載のハードディスクを初期化する方法になりますので、実際に試される方はご注意ください。

 

日本語入力について

再起動後に入力が可能ではありませんでした。

パッケージの不足があるようなので、コマンドで Fcitx を再度インストールしました。

まずはアップデートから

$ sudo apt-get update

fcitx mozc のインストール

$ sudo apt-get install fcitx-mozc

インストールの途中で確認がありましたら、「Y」で進めてください。

終わったら、ログアウト・ログインを行います。

これで、日本語入力が出来るようになりました。

 

まとめ

Ubuntu Studio 21.04のインストール

  • デスクトップ環境は、Plasma 5.21.4
  • 2022年1月までのサポート期間
  • 今回は、「ubuntustudio-21.04-dvd-amd64.iso」をインストール
最小システム要件
  • CPU:Intel Core 2 Duoと同等
  • メモリ:2GB
  • 空きディスク容量:16GB
ダウンロード

公式サイトのダウンロードページより

インストールと日本語入力について

流れに沿って進めて行けば、簡単にインストールが完了します。

日本語入力については、パッケージの不足があるようなので、コマンドで Fcitx を(再度)インストールしました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました