無料OS『Nitrux』…シンプルな見た目で基本的なアプリのみ!

Nitruxは、UbuntuベースでメキシコのLinuxディストリビューション。KDE ​​Plasma 5とQt上に構築されたNomadデスクトップ環境を使用しているOSです。

『Nitrux 1.0.15』のデスクトップはこんな雰囲気

以下の映像は、VirtualBox(Ver.5.2.18)にて起動・メニュー操作等の確認を行いましたが、メニュー自体もシンプルなため、他のOSと比較しにくいかと思います。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

『Nitrux』について

デスクトップの見た目もシンプルですが、インストールされているアプリケーションも少なく、自分の好きなようにカスタマイズしていけます。

ただし、少し気になるのがシステム要件。デスクトップ環境との絡みもあるので仕方がないかと思いますが、同じような雰囲気のOSと比較すると、少しシステム要件のレベルが高いような感じになっています。

システム要件(公式サイトより)

最小要件
  • CPU:2.5GHzデュアルコア64ビット
  • メモリ:2GB
  • 空きディスク容量:5GB
  • ディスプレイ表示:32MB VRAM OpenGL 2.1のサポート
  • ネットワーク:イーサネットRJ45ポート
  • その他:USBブートをサポートするマザーボード
推奨要件
  • CPU:2.66GHzクアッドコア
  • メモリ:4GB
  • 空きディスク容量:5GB
  • ディスプレイ表示:256MB VRAM OpenGL 3.0のサポート
  • ネットワーク:イーサネットRJ45ポート。ワイヤレスカード
  • その他:UE​​FIサポート、USBブートをサポートするマザーボード、レガシー対応ラップトップ

すでにサポート切れのWindows Vistaあたりの古いパソコンですと、厳しいかと思いますが、現在現役のWindows 7あたりから使えるOSだと思います。

インストールされるアプリ

慎重に選択された基本的なアプリケーションだけで、あとは好みのアプリをNXソフトウェアセンターからインストールするだけです。

  • Dolphin:ファイルマネージャー
  • Kate:高度なテキストエディタ
  • Ark:アーカイブツール
  • Konsole:端末エミュレータ
  • chrome:ウェブブラウザ
  • Babe:ミュージックプレーヤー
  • VLC:マルチメディアプレーヤー
  • LibreOffice:オープンソースのオフィススイート
  • Showimage:イメージビューア
    など

NXソフトウェアセンターは、オープンソースのOSにインストールされたソフトウェアを、簡単に管理するためのアプリケーションです。

欲しいアプリが見つかったら、インストールしたり、削除したり、アプリのアップデートなどが、簡単に実行できますので、はじめから用意されているアプリは少ないのですが、逆に不要なアプリを削除する必要もありません。

ダウンロード

公式サイト

https://nxos.org/

ダウンロードページ

https://nxos.org/#download

まとめ

Nitruxは、UbuntuベースのKDE ​​Plasma 5とQt上に構築されたNomadデスクトップ環境のOS。

見た目もシンプルで、インストールされているアプリも最小限。

好みのアプリを、NXソフトウェアセンターからインストールするだけ。

最小システム要件
  • CPU:2.5GHzデュアルコア64ビット(推奨2.66GHzクアッドコア)
  • メモリ:2GB(推奨4GB)
  • 空きディスク容量:5GB
  • ディスプレイ表示:32MB VRAM OpenGL 2.1のサポート
  • ネットワーク:イーサネットRJ45ポート
  • その他:USBブートをサポートするマザーボード
ダウンロード

公式サイトのダウンロードページより

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする