Freespire 6.0…Ubuntuベースでインストールも簡単!

Freespire は Ubuntu ベースの OS で、今回 February 10, 2020 に 6.0 MATEデスクトップ環境版がリリースされました。

後日、同 KDE 版がリリースされるとのことです。

スポンサーリンク

Freespire 6.0 のデスクトップ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.1.2)にて起動・メニューなどの操作と、文字入力のパフォーマンス確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

※公式サイトのFAQを見ると、メモり4GB程度必要とありますが、他のOSの記事を操作感を比較していただくためにメモリの割当を2GBに揃えています。

 

Freespire 6.0 について

Freespire 6.0のリリース発表にて、Windows 7 のサポートが終了して、困っている方へオススメしています。

今回は、「freespire-6.iso」ファイルからインストールしています。

 

システム要件

  • CPU:x86_64プロセッサ
  • メモリ:4GB
  • 必要ディスク容量:20GB

VMWareやVirtualBoxには、少なくともメモリ6〜8GBを推奨。

CADプログラム、ビデオ、オーディオ制作などのソフトを利用するには、8GB以上を推奨。

 

ダウンロード

公式サイト

https://www.freespirelinux.com/

リリース紹介&ダウンロードページ

https://www.freespirelinux.com/2020/02/freespire-60-released.html

 

インストール(VirtualBox)

VirtualBoxでインストールした手順の流れをGIFアニメ化しています。

なお、このインストールはパソコン搭載のハードディスクを初期化する方法になりますので、実際に試される方はご注意ください(デュアルブートなどの場合は、それぞれ個別に対応してください)。

※実機において、インストール用USBメモリを差し込んで起動し、元のOSが立ち上がった場合は、BIOS等の設定が必要になります。

 

日本語入力について

インストールが終了し、再起動を行った段階で、すでに日本語入力できるようになっています。

 

まとめ

Freespire 6.0 のインストールと日本語入力まで

Freespire 6.0 は、Ubuntu ベースの OS で、MATEデスクトップ環境版がリリースされました。

今回は、「freespire-6.iso」をインストール。

システム要件
  • CPU:x86_64プロセッサ
  • メモリ:4GB
  • 必要ディスク容量:20GB
ダウンロード

公式サイトのリリース紹介ページより

インストール

インストールの流れを見れば、簡単にインストールできると思います。

日本語入力について

特に設定などは必要ありません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました