無料OS『Netrunner Rolling 2018.08』…もうひとつの Netrunner!

現在 Debianベースの「Netrunner Desktop 19.01 – Final RC」がリリースされたばかりですが、比べてみるにもちょうど良いので、もう一つの Netrunner で Manjaro / Archがベースの「Netrunner Rolling 2018.08」について、確認してみたいと思います。

以前も Netrunner について、まとめていますのでよろしければ参考にしてください。

Netrunner 17.10 Voyagerは、Debianベースで、KDE Plasma デスクトップ環境の無料OS。UNetbootinでブータブルUSBメモリを作成しました。インストールで日本語化までは、簡単に進められます。ただし、日本語入力設定は別途必要です。

デスクトップはこんな感じ

以下の映像は、「Netrunner Rolling 2018.08」を VirtualBox(Ver.6.0)にて起動・メニューなどの操作確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

KDE Plasma デスクトップを利用するOSは、少し重めになってしまいますが、このOSは割と軽く感じます。

Netrunner Rolling 2018.08 について

このエディションは、Manjaro / Archがベースであり、ローリングリリースモデルで、継続的にアップデートされていきます。

システム要件

インストールガイドの最小ハードウェア要件によると、エディションの違いについての記述は、探した限り見つけられませんでしたが、実際に使ってみた印象はこのレベルと思われます。

  • CPU:1.6 GHz Intel Atom N270
  • メモリ:1 GB
  • 必要なハードドライブスペース:10 GB以上
  • グラフィックカード:Intel GMA 945
  • ビデオメモリ:128 MB以上

なお、VirtualBoxで試してみる場合は、1200 MB以上の RAMが必要とのことです。

メモリ1.2GBで試してみた

実際にVirtualBox上で、メモリを1280MBにして試してみました。

起動までに5分(目を離していたら起動していたので)以上かかったようですが、起動してからはメニュー操作のレベルでは、2GBの時とあまり変わらない感じでした。

このレベルなら、サポート切れの Windows Vista レベルのパソコンでも使えそうですが、64bitのみの対応ですので、対応できるVistaは少ないかもしれません。

ダウンロード

公式サイト

https://www.netrunner.com/

ダウンロードページ

https://www.netrunner.com/download/

ここでは、「Arch-based Netrunner Rolling 2018.08 64-bit ISO」をダウンロードしています。

インストールメディア(USBメモリ)への書き込み

いつもは、UNetbootin を最初に試してみますが、うまく起動できませんでした。

そのため「Etcher」で行いましたが、問題なく起動出来ています。

ちなみに、公式サイトでは、Win32DiskImager を使ってインストール用のUSBメモリの作成方法を案内していました。

なお、インストールと日本語入力の設定は、別の記事にさせていただきます。

まとめ

Manjaro / Archがベースのローリングリリースモデル、KDE Plasma デスクトップの「Netrunner Rolling 2018.08」 について

最小システム要件
  • CPU:1.6 GHz Intel Atom N270
  • メモリ:1 GB
  • 必要なハードドライブスペース:10 GB以上
ダウンロード

公式サイトのダウンロードページより

インストールメディア(USBメモリ)への書き込み

ここでは「Etcher」で行いましたが、問題なく起動出来ています。