日本で話題でも世界では?…世界中のツイート状況を表示・分析!?

普段は、さほど気にするようなことは無いと想いますが、最近立て続けに気になることが起きているような気がします。

たとえば、「東京オリンピックでフランスの捜査当局が…」というようなニュースが昨日あたりから報道されていますが、世界的にみたらどうなのだろうか?とか、韓国のレーダー照射問題に対する世界的な反応がどうなのか?気になるところではないでしょうか?

今回紹介するのは、そんな気になる事柄をツイート状況からみるネットのサービスです。

あくまでも、キーワードやタグなどの情報が主体ですので、詳しい状況まではわかりませんが、なんとなく世界的な状況はつかめるかもしれません。

もちろん、騒いでいるのは当事国だけで、世界からみたら何も気にしていないかもしれませんが…

参考程度と思って見るには、役立つサービスだと想います。

世界中のツイート状況がわかる

#onemilliontweetmap は、公開twitterストリームAPIにより、過去24時間の位置情報付きツイート(約400万ツイート)が表示され、地図データはリアルタイムで更新されていきます。

https://onemilliontweetmap.com

新しいツイートを追加して、24時間を経過したものは、順次削除されていきます。

また、ツイートは検索することで、目的のワードやハッシュタグなど選別して、表示・カウントすることができます。

さらに、各種設定やフィルターを通すことで、ツイートの状況をよりわかりやすくすることが可能です。

そして、時間を24時間だけではなく、もっと細かく区切ってカウントすることもできます。

設定やフィルター、操作について

1.キーワード検索とハッシュタグバトルを選択

検索は、keywords、#hashtags または @usernameなどで検索できます。

ハッシュタグバトルは、比較したいハッシュタグを入力すると、対比されます。

検索文法
  • car red = 「car」または「red」を含むツイートを表示(OR検索)
  • +car +red = 「car」と「red」を含むツイートを表示(AND検索)
  • -car = carを含まないツイートを表示
  • “car¨” = car、cars、caracterなどの 「car」 を含む単語を含むツイートを表示
  • “red car” = 「red car」を含むツイートを表示
  • @511ny = 「511ny」のツイッターアカウントのツイートを表示
  • #apple = 「#apple」ハッシュタグのツイートを表示
  • 検索では大文字と小文字が区別されません。
2.各種レイヤー

ヒートマップ、クラスタ、デイ/ナイトなどのレイヤーがあり、複数を表示したり切り替え可能です。

3.レンダリング

クラスタビュー(数を表示します)、センチメントビュー(ネガティブ、ニュートラル、ポジティブに英語のツイートのみを表示/分析します)

4.時間フィルター

過去24時間、5分、10分、15分、30分、1時間、2時間、3時間、4時間、5時間、10時間、15時間、20時間とフィルターをかけることができ、現在からカウントを始めることも可能です。

5.マップを部分的にクローズアップしたり、拡大縮小サイズを変更可能です。
6.現在のツイートカウントやセンチメントビューなどの情報が表示されます。
7.集計などのカウント表示を一時停止することができます。

各種設定やフィルターを確認してみる

デフォルトでの表示

各種レイヤー部がクラスタ表示で、レンダリングもクラスタ、時間フィルターは無い状態(24時間分)

各種レイヤー部のヒートマップレイヤー表示

盛んなところが赤くなっています。

各種レイヤー部で、クラスタとデイ/ナイトレイヤーをダブルがけ

先程の状態で、さらにレンダリングでセンチメントビュー表示

この状態で、ポジティブ、ニュートラル、ネガティブの状況がわかります。

さらに、時間フィルターを追加

ここで取りあげたパターンは一例ですので、色々と必要に応じてレイヤーやフィルターを設定することができます。

まとめ

#onemilliontweetmap で、世界中のツイート状況や気持ち?がわかる

公開twitterストリームAPIにより、過去24時間の位置情報付きツイートが、地図上でリアルタイムで更新されます。

ツイートは検索することで、目的のワードやハッシュタグなど選別して、状況表示・カウントすることができます。

各種設定やフィルターを通すことで、ツイートの状況をよりわかりやすくし、ネガティブ、ニュートラル、ポジティブなどの状況もわかります(英語のみ)。