ツイッターRT(リツイート)分析…この噂・誰が広めているんだ?

いまさらツイッターですか?と言われそうですが、基本オープンで、手軽なSNSとしてスタンダードな存在だと思います。

そして、そのオープンさを理解しているつもりで、なんとなく疎かにしてしまい、軽い気持ちでツイートした写真やコメントが炎上、大騒ぎになることが度々起きるツイッター。もちろん、ツイッターだけではなく色々なSNSで問題が起こっているとは思います。

また、逆に宣伝したいけど、予算が取れないというような場合、うまくネットで拡散できればと思って、いくつもツイートしたところで、なかなかうまくいきません。

そんなネット拡散を、ちょっと分析できる無料サービスがあります。

無料RT分析サービス

http://rt.nakanohito.jp/

調べたいURLを含んだツイートが、誰から誰へどのユーザーを通じて、どの程度のレベルで拡散したかを可視化してくれます。

調べられるのは、過去1週間のツイートで最大500件まで取得し分析してくれます。

分析でわかるキーになるユーザー

炎上の場合(ネガティブ情報)

誰によって、広められたのかがわかりますので、場合によっては対処方法が見つかるかもしれません。

口コミの場合(宣伝・ポジティブ情報)

同じような商品やサービスのURLを調べて、キーユーザーがいれば、コンタクトを取ったり、仲良くなってRTしてもらうことができるかもしれません。

特定の商品やサービスなどを、積極的にRTしているフォロワーの多いユーザーを探すことが可能です。

噂や情報の広まり方が見える

本日のニュースのURLからどのような結果になるのかを確認してみます。

例1:障害者雇用3460人水増し 27機関で不適切算入:朝日新聞デジタル

この記事について、どのような形でRTされているのか分析してみました。

結果は以下のようになりますが、この画像のように小さくでも、実際には拡大して表示することができますので、ユーザーがわかります。

いくつかの核になるユーザーがいて、広まっているのがわかります。

例2:東京圏から移住に最大300万円補助 政府、一極集中是正へ新制度検討:日本経済新聞

この記事について、どのような形でRTされているのか分析してみました。

単にニュースをRTするユーザーが多く、前述のニュースと比較して、実際にはほとんど広まっていない(BUZZっていない)のがわかります。

例3:わかりやすい見本がありましたので、映像にしてあります。

コレぐらいになると明らかに気になる情報といういことですよね。

この「●」はユーザーアカウントになりますので、クリックすると該当するツイッターアカウントのページが表示されます。

また、映像には表示されていませんが、時間別のツイート件数がグラフ化されていますので、いつからどの程度、リツイートが続いているのか、それとも終わったのかが見て取れます。

そして、RTされている内容もグラフの下にアカウント別に表示されますので、全体像がつかみやすいと思います。

まとめ

ネット拡散を、分析できる「無料RT分析サービス
  • 調べたいURLを含んだツイートが、どのユーザーを通じて、拡散したかを可視化。
  • 調べられるのは、過去1週間で最大500件まで取得し分析。
分析でわかるキーになるユーザー

誰によって、広められたのかがわかりますので、炎上の場合や宣伝の場合などの違いにより、ネットでの対応を検討することができます。

噂や情報の広まり方

核になるユーザーがいて、広まっているのか、単に情報として単体でRTされているだけなのかがわかります。

また、時間別のツイート件数がグラフ化され、RTされている内容もアカウント別に表示されます。

RTの一覧がでますので、どのようなコメントをRTしているのか一目瞭然です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする