TwitterなどSNSで炎上させない『SNS炎上報知器』…ネット対策アプリ!

Twitterなどへの何気ない発言で、気がつけば大事になっていたり、面白い写真だと思って、何気なく投稿したら、社会的な出来事まで発展してしまった・・・なんてことが、いつあなたに訪れるかわかりません。

もちろん、そんなに不注意じゃないと言われる方も多いことと思いますが、たまたまお酒が入っている時にしたツイートで、翌日ネットで騒ぎになっていたということも、無いとはいえません。

なぜ、度々炎上は起こるのか?

ひとつは、投稿する際にいつも自分が、Twitterなどでメッセージのやり取りをしている仲間にしか見られないと、無意識的に思っていることが多いからでしょう。

全世界に繋がっていると言われても、実際に関係のない人がリツイートしてくれることも、あまりないでしょうから、気が付かないうちに仲間内のメッセージツールと感じてしまって、つい不適切な投稿や写真を流してしまい炎上事件が起きてしまっています。

また当然、声や表情が伝わりませんから、単純な誤解から大事にエスカレートする普通のコミュニケーションと同じようなことで、炎上へと…

さらに、ネット上のサービスの説明や設定をよく確認せずに、なんとなく使っているということにより、問題が起きた時に、より大事になってしまうこともあると思います。

つまり、これらの問題点を解消、もしくは対応できるサービスがあれば非常に助かるわけです。

Android アプリで対応可能 Webでは一部の機能が利用可能

設定の不備や、ちょっとした不注意の防止、騒ぎになっていないかの状態の確認を目的としたアプリで、ネーミングもユニークです。

SNS炎上報知器

一般に、SNSは炎上すると約30分で第三者から批判コメントが集中し、約2時間以内でネット上で拡散、そして2日後から個人情報が特定され、メディアに報道されるようになってしまいます。

そこで、炎上を防ぐため、このアプリでは以下の様ないろいろな機能を実装しました。

  1. 公開情報チェック
    炎上が頻繁に起こるとされる Twitter のプロフィールなどを点検し、設定の不備を発見します。
  2. NGワードチェック
    ツイートを解析し、炎上の可能性が高いワード(NGワード)を探します。
  3. 炎上検知
    あなたのツイートが炎上していないかを監視します。
  4. 個人情報検出
    あなたのツイートに個人が特定できる情報が含まれていないか確認します。
  5. 比較
    Twitterのアカウント情報や投稿からFacebookのアカウント情報が特定される可能性を調査します。

ダウンロードは Google Play

Google Playより

オフィシャルサイトで、一部の機能を利用することができ、投稿やプロフィール情報などから、TwitterアカウントとFacebookアカウントが、同一人物として特定されやすいかどうか、類似性を調べてくれます。

http://見守り.jp/

まとめ

なぜ、炎上は起こるのか?

TwitterなどのSNSは、誰もが見れるということを、本当の意味で理解していないからでしょう。

仲間内のツールと感じてしまって、気がついた時には後の祭りです。

そうならないための、炎上対策アプリがありました。

SNS炎上報知器
  1. 公開設定情報のチェック
  2. NGワード投稿のチェック
  3. 炎上していないかの検知
  4. 投稿に個人情報がないかのチェック
  5. TwitterとFacebookのアカウント情報や投稿を比較調査

ダウンロードは Google Play

オフィシャルサイトで、TwitterとFacebookのアカウント情報や投稿を比較調査のみ可能。

http://見守り.jp/